宗流がお届けする小さな豆知識。
by sou-ryu_mame
プロフィールを見る
画像一覧

桜の花の満ちる頃のお別れ…


こんにちは。
しばらくぶりの投稿となりました。
約半月ほどご無沙汰しておりました間に、
京都もいつの間にか季節は冬から春に。
桜の花も満開を迎え、桜吹雪が舞う頃になりました。
みなさまのお住まいの地域はいかがでしょうか…?


3月下旬よりお休みしておりました「宗流まめ知識」。
せっかく少しずつみなさんにご覧頂けるようになったのですが
しばらく仕事が多忙を極めており、お休みいたしておりましたが
本日より再開いたします!
気分も新たに、どうぞ宜しくお願いします♪


さて、春といえば秋とともに、きものでお出かけするには
暑くも寒くもなく、ちょうど適した気温ではないかと思います。
また春は婚礼やご旅行など、きものの種類を問わず
きれいに着こなされた女性をよく目にする季節でもあります。

そしてそれと同時に、秋・冬に活躍してくれた「羽織」との
しばしのお別れの季節でもあります。
お住まいの地域の気候等で多少の違いがあるのでしょうが
一般的に羽織を着用する期間の目安として
「秋の紅葉が色づく頃から、桜が満開を迎える頃まで」
と、言われています。
(コートはもう少し時期が遅く~早くなります)
その時期以前、またそれ以降は羽織なしの
きものと帯の「帯つき姿」で過ごすのが一般的です。


ですが、実際にカレンダー上では春を迎えているとはいえ、
相手は自然です。なかなか思い通りにいかないのが現実です。
羽織の要らない暖かな日があれば、肌寒い日もあります。
そんな時に便利なのが、お洋服の時に使うストールです。


この頃はお洋服のポイントとしてストールを使う方も多く
お店にもとても多くのストールが並んでいます。
もちろん、きもの用のショール・ストールも多く販売されており、
デザイン的にも以前に比べるとお洒落なものがたくさんあります。
しかし、やはり少々お値段の張るものも多いようです。

それに対し、お洋服のショールはお手頃なものから高価なものまで
値段帯によって多くの商品が出回っているように感じます。
また、色や素材・デザイン的にも面白いものが多く、
選択の幅が広いように思います。
そして、もともとしわ加工が施されているものなどは
ちょっとバッグにしのばせておくと、肌寒い時に重宝な上、
たたみじわも気にならないスグレモノです。


逆に言えば、和装のショールに至っても
きもの用だけに限定してしまうのはもったいない気がします。
和装用のショールには、正絹を使ったものなど
上質な素材でできているものが多くあります。
ちょっとおめかししたお洋服でお出かけの際には
そんな上質な素材のものでアクセントを加えるのもお洒落です。

お洋服であってもきものであっても、
お洒落心にボーダーラインをひいてしまうのは、
少しもったいない気がします。
利用できることや、共有することで、
お洒落の幅は広がるのではないでしょうか。


とはいえ、これは余談なのですが…
この時期、お花見をお着物で、という方も多いかと思いますが
特に陽が落ちてからの夜桜見物や、花冷えの日は
慣習にとらわれ過ぎて、帯つき姿で震えながらのお花見では
せっかくの楽しい時間も台無しです。
そんな時はもちえろん
ぜひご無理なさらずに上に一枚羽織って下さいね…。


宗流


和装小物 宗流
http://www.sou-ryu.jp
[PR]
by sou-ryu_mame | 2009-04-06 18:26 | 「きもの」について

最新の記事

再び「衿」のお話
at 2011-02-02 22:30
半襟の日
at 2011-01-20 00:22
睦月の節句
at 2011-01-16 18:21
2010 正倉院展 その3
at 2010-11-20 18:23
2010 正倉院展 その2
at 2010-11-03 17:01

お気に入りブログ

。*゜ミルクブラウン色の...

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧