宗流がお届けする小さな豆知識。
by sou-ryu_mame
プロフィールを見る
画像一覧

注意喚起の色…?


こんにちは。
本日の京都は、朝のうちは昨日の雨が残っていましたが
午後からは少しずつ晴れてきました。
ただ…ここ数日の暑いくらいの陽気の後のせいか
気温的には平年並みでも、やけに寒く感じられます。

…暑ければ暑いで文句を言いますが
寒ければ寒いで、これまたぶつぶつ言ってしまう宗流です。

さて。
本日のお話は、今までちょっとうっかりさっぱり忘れておりましたお話です。
以前、色のお話で青・赤・紫・緑とご紹介した事があったのですが
忘れてならない「黄色」を忘れておりました。
シリーズの間があいてしまいましたが、どうぞ宜しくお付き合い下さい。


黄色、と言って日常生活の中で一番たくさん目にするものと言えば
もしかしたら「黄色信号」かもしれません。
車に乗られる方だけでなく、歩行者もお世話になっていますしね。
この黄色、赤と青(緑)の間に挟まれた形で通常目にしていますが、
実はこの真ん中の位置は、黄色という色を表す形でもあります。
色の分類として、ちょうど赤と緑の中間として表されているのです。

そしてついでにもう一つ、信号と似たものに警告の表示があります。
よく踏切などの周囲に、黒と黄色の組み合わせを目にしますよね。
これも黄色という色の特性を利用しています。
黄色というのは、視認性が高い色だと言われています。
これは簡単にいうと、「目立つ」とよく似た意味をもっています。
この目立つ黄色が、最もその効果を発揮するのが夜の闇の中なのです。
ですから目立つ黄色を更に黒で引き立て、見る者の注意を喚起しているのです。
また、この黄色と黒の組み合わせの事を一般に「警戒色」と呼びます。

余談になりますが、黄色×黒といえば敏感になられる方もいらっしゃいますよね。
阪神タイガースの色です。今回はタイガースのお話は置いておきますが
自然界での黒×黄(例・スズメバチ等)も、毒や力の強さなどをもつ彼らを
他の生物にアピールしているのだとも言われています。
確かに…タイガースカラーはアピール度も満点ですもんね!


呉服の染色としては、黄檗(ミカン科の植物)の樹皮や
刈安(ススキ科の植物)・ウコン(ショウガ科の植物)を始めとする
植物染料が多く用いられています。

この黄色、春には山吹の花が鮮やかな色を見せますが
晩夏や秋の色としても多く用いられています。
これは、おそらく頭を垂れる稲穂や、色づく紅葉・落日の
色のイメージが強いことからなんでしょうね。
日本の四季の色彩にも、なくてはならない大事な一色です。

ちなみに…
この黄色を抽出する「刈安」の染色色素。
これは、ルテオリンという色素を使っているのですが
いつの時期の刈安にも含まれるわけではありません。
ルテオリンは、太陽の光線・特に紫外線から身を守るという特性があります。
そのため、夏の強い日差しを受け終わった八月の終わりが
もっともたくさんのルテオリンを蓄えているというわけです。

ルテオリン…。
紫外線から身を守るなんて素敵な色素です。
私の体の中にもルテオリンが欲しいと願う
紫外線が気になるお年頃の宗流でした。



宗流


和装小物 宗流
http://www.sou-ryu.jp
[PR]
by sou-ryu_mame | 2009-04-15 17:13 | 色について

最新の記事

再び「衿」のお話
at 2011-02-02 22:30
半襟の日
at 2011-01-20 00:22
睦月の節句
at 2011-01-16 18:21
2010 正倉院展 その3
at 2010-11-20 18:23
2010 正倉院展 その2
at 2010-11-03 17:01

お気に入りブログ

。*゜ミルクブラウン色の...

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧