宗流がお届けする小さな豆知識。
by sou-ryu_mame
プロフィールを見る
画像一覧

大和撫子の色 ?


おはようございます。
本日の京都は朝からいいお天気。
今日は暑くなりそうな気配です!


さて…
前回から約20日ほど経ちましたが、「宗流まめ知識」
まだひっそりと連載中です!
どうぞ宜しくお願いします。


今日は色のお話、「ピンク色」についてです。
ピンク色…何と言っても可愛らしい色です。
淡いピンクは清楚な、濃いピンクはキュートなイメージでしょうか。

また、他にもこの色が与えるイメージとしては
若さや可愛らしさ、そして精神的な落ち着きといったものと言われています。
若さ・可愛らしさというイメージは、色から受ける
視的感覚による部分が大きいのかもしれませんね。
ですが、精神的な落ち着きというイメージは
この色の構成上、論理的に解釈することが可能です。
ピンク色を構成する暖色系の赤は温かみを与え、
もう一色の寒色系の白は精神を落ち着かせる効果があります。
その二色からなるピンクはお互いのいい部分を
加味した色とも言えるのでしょうね。

ところでこのピンク色、調べてみたところ
英語圏ではお花の「撫子(なでしこ)」の色から
この色を「撫子色」と呼ぶそうです。
またもともと英語の「pink」は「撫子」を表す言葉だったとか。
ちなみに、ヨーロッパ圏では「バラ色」となるそうです。
日本では「桃色」「桜色」の色がそれに挙げられるかと思います。
でも英語圏の「pink」に対応した色で言えば「撫子色」となります。
もちろんこの日本の「撫子色」もピンク系統の色です。

ちょっとややこしい気もしますが、
どれも美しい花の色から派生した事は間違いなさそうです。
花の色の美しさに心魅かれるのは、万国共通なのでしょうね。

そう思うと、どれも確かにピンク色のものではありますが、
随分幅を持たせた表現ではありますね。
現代のように明確なカラーチップなどが流通していない当時、
名前が示す色合いというものは、まずは各人のイメージが先行し、
また季節や花の個体にもよって左右されていたのかもしれませんね。



ちなみに…撫子といえば、宗流が真っ先に思い浮かぶ言葉が
「大和撫子」です。これは男性上位の概念が強かった頃、
控えめながらも凛として、常に男性を立てて一歩後ろをついていく、
といった女性象を表す言葉です。

確かに広い日本を探すと、「大和撫子」のような
麗しい女性は多くいらっしゃるかとは思いますが、
今のところ自分を含めてなかなか周囲に
その存在を感じた事はありません…。
様々な花が交配や品種改良を重ねて新しい品種が生まれるように
もしかしたら日本の女性も数代にわたるうちに
社会環境的に、心理的に、改良を余儀なくされちゃったのかも。
もしかしたら…
純正の「日本男児」「大和撫子」は、今世紀末くらいには
特別天然記念物に指定!くらいになるかもしれませんね…。



宗流


和装小物 宗流
http://www.sou-ryu.jp
[PR]
by sou-ryu_mame | 2009-05-26 09:54 | 色について

最新の記事

再び「衿」のお話
at 2011-02-02 22:30
半襟の日
at 2011-01-20 00:22
睦月の節句
at 2011-01-16 18:21
2010 正倉院展 その3
at 2010-11-20 18:23
2010 正倉院展 その2
at 2010-11-03 17:01

お気に入りブログ

。*゜ミルクブラウン色の...

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧