宗流がお届けする小さな豆知識。
by sou-ryu_mame
プロフィールを見る
画像一覧

糸で描く絵 3


こんばんは。
もう今年もおよそ3/1が過ぎてしまいましたが
まだ今年に入って二度目の「宗流まめ知識」…
「まめ知識」の「まめ」は、まめに頑張るの「まめ」ではなく
「小さい知識」のつもりだったのですが、
それすらも危ういと最近気付いた宗流です^^;

さて。
ちょっとした言い訳はさらっと流し、今日は和装関係のお話から
少し横道を逸れ、「宗流美術館」と勝手に命名しスタートします!
今日は画像がたくさんありますので、宜しければどうぞゆっくりと
ご覧下さいませ!


先日、宗流は仕事のつながりで、とある刺繍屋さんへ行ってきました。
宗流の働く会社も刺繍の仕事がメインなので、いわば同業さんなのですが、
私の会社とは少し趣が異なるため、とても興味深くお話を聞いてきました。
今日はそこで見つけた美術品のご紹介です。


まずは作品をご覧ください。



c0163413_2346175.jpg





c0163413_2347125.jpg





c0163413_23481764.jpg





c0163413_23484150.jpg





c0163413_23494345.jpg





c0163413_2350998.jpg





c0163413_23503230.jpg




一気にUPしましたが、写真が下手で分かりづらいかもしれませんね^^;
実はこの作品群は、全て手刺繍で表現されています。

色を変え、縫い方を変え、一針一針生地に色を挿していく作業は
とてつもなく気の長い作業だったと思います。
絵具を混ぜ合わせ、思う色を作る作業も大変なものですが、
一本一本色の違う糸を細かな針目で組み合わせ、
色を刷いていく事は、技術はもとより色に関しての
センスが問われる作業です。

これらの絵は、全て熟練の職人さんたちが制作されたのですが、
実はこれらは数十年前に製作されたものが多く、
残念な事にその作者さんや職人さん方は
もう既にお亡くなりになられた方も多いそうです。
どんな伝統産業にも共通して言われる事ですが、
こうした技術を要する仕事の多くは、一朝一夕で身につくものではないため
後継者を育成する事が大きな課題となっています。
これからの伝統産業が、後年にも同じかたちで続くのか、
そんな不安を抱える職人さんはきっと数多くいらっしゃるのだと思います。

また、オートメーション化に伴い、伝統産業の活路が狭まるといった
事もあるかと思います。
それは刺繍に関しても同じことが言えるかもしれません。
性能の良いミシンが開発されたり、海外で安価に大量生産が可能になる一方
人の手を介した国内生産のものに対しては、価格の設定や量産の面、
そうした諸々の課題が重責となってきます。
機械化された安定した生産性、一定水準の技術には大きな功績があると思います。
ですが、人の手が作り出す芸術や技術も途絶えていいものではない気がします。

機械の利便性は素晴らしいものです。
それが生む功績というものも確かにあります。
ですが、人の手が生む柔軟性や感性は残念ながら機械に乏しいものだと思います。
何しろ、コンピュータ化された機械が自分で題材を決め、
図案を引き、作品を生み出す訳ではありませんもの。
人が何かに心動かされ、表現したいと思い制作されたものには
機械にはない作り手の体温が宿ります。
人はだからこそ、そうした人の感性や技術に対し感動を覚え
心惹かれるのかな、宗流はそんな風に思います。

どちらかのもの一方のみが発展を見るのでなく
そのどちらともに日が射し、それぞれが人に求められ続ける世の中…
そうした時代がいつか当たり前になってくれればと願います。




西刺繍さん

〒600-8034
京都市下京区河原町松原下ル



宗流

和装小物 宗流
http://www.sou-ryu.jp 
[PR]
by sou-ryu_mame | 2010-04-16 00:32 | 刺繍について

最新の記事

再び「衿」のお話
at 2011-02-02 22:30
半襟の日
at 2011-01-20 00:22
睦月の節句
at 2011-01-16 18:21
2010 正倉院展 その3
at 2010-11-20 18:23
2010 正倉院展 その2
at 2010-11-03 17:01

お気に入りブログ

。*゜ミルクブラウン色の...

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧