宗流がお届けする小さな豆知識。
by sou-ryu_mame
プロフィールを見る
画像一覧

きもの検定 重要無形文化財について その2



こんばんは。
本日の京都は午前中は晴れて暑かったのですが、
午後から少し日が陰り、久々に過ごしやすい午後でした^^
もうそろそろ涼しくなって欲しい頃ですが、
なかなか思うようにはいかないものでしょうね…。


さて。
今回は前回に引き続き、「重要無形文化財」のお話です。
ところで、この「宗流まめ知識」ではきものについての
お勉強のはずが、なぜ重要無形文化財??
と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんね^^
でも、この重要無形文化財に関してのお話も、実はきもの検定の
お勉強には欠かせません。
もちろん、認定者を知る事もそうなのですが、重要無形文化財に
指定された染織品や産地を知る事も大切なお勉強の一つなのです。
それでは、本日もまいりましょう!
今回は重要無形文化財「各個認定」保持者のご紹介です。



重要無形文化財の指定基準(工芸技術関係)

1: 芸術特に価値の高いもの
2: 工芸史上特に重要な地位を占めるもの
3: 芸術上価値が高く、又は工芸史上重要な位置を占め、かつ地方的特色が顕著なもの



認定基準(各個認定)

1: 重要無形文化財に指定される工芸技術を高度に体得している者
2: 工芸技術を正しく体得し、かつ精通している者



重要無形文化財「各個認定」保持者
(認定年・各個認定保持者・種類)


1955年  (※)小宮康介      江戸小紋
1955年  (※)松原定吉      長板中形
1955年  (※)清水幸太郎     長板中形
1955年  (※)南部芳松      伊勢型紙突彫
1955年  (※)六谷梅軒      伊勢型紙錐彫
1955年  (※)中島秀吉      伊勢型紙道具彫
1955年  (※)中村勇二郎     伊勢型紙道具彫
1955年  (※)児玉博       伊勢型紙縞彫
1955年  (※)城ノ口みゑ     伊勢型紙糸入れ
1955年  (※)田畑喜八      友禅
1955年  (※)木村雨山      友禅
1955年  (※)中村勝馬      友禅
1955年  (※)上野為二      友禅
1955年  (※)山田栄一      友禅楊子糊
1955年  (※)千葉あやの     正藍染

1956年  (※)芹沢銈介      型絵染
1956年  (※)喜多川平朗     羅
1956年  (※)深見重助      唐組
1956年  (※)甲田栄佑      精好仙台平

1960年  (※)喜多川平朗     有職織物

1962年  (※)稲垣稔次郎     型絵染

1967年  (※)森口華弘      友禅

1971年  (※)小川善三郎     献上博多織

1973年  (※)鎌倉芳太郎     型絵染

1978年     小宮康孝      江戸小紋

1982年  (※)宗廣力三      紬縞織・絣織

1984年  (※)山田貢       友禅

1988年  (※)羽田登喜男     友禅

1990年     志村ふくみ     紬織

1994年     古賀フミ      佐賀錦

1995年     北村武資      羅

1996年     玉那覇有公     紅型

1997年     細見華岳      綴織
1997年     福田喜重      刺繍

1998年     宮平初子      首里の織物

1999年     田島比呂子     友禅
1999年     喜多川俵二     有職織物
1999年  (※)興那峰貞      読谷山花織

2000年     平良敏子      芭蕉布
2000年     北村武資      経錦

2002年     甲田綏郎      精好仙台平

2003年     小川規三郎     献上博多織

2005年     佐々木苑子     紬織

2007年     森口邦彦      友禅

2008年     鈴木滋人      木版摺更紗

2010年     二塚長生      友禅
2010年     土屋順紀      紋紗


(※)物故者 保持者が死去すると認定は解除されます。



上の人物を見てみると、森口華弘・森口邦彦という方がおられますが
このお二人は親子です。
また、江戸小紋の小宮康介・小宮康孝両氏も同じく親子です。

しかし、何事も精進し高度な技術を会得する事は、
並大抵の努力では叶わないのでしょうね。
しかしそうした人、またそれに携わる職人、そしてそれを後世に
伝える全ての人の力が結集してこその文化財。
どれほど機械的な技術が向上しても、それが人の手が作り出す「わざ」を
超えるものではありません。
そんな伝統的な「わざ」の価値が見失われる事無く、
未来へと伝承され続ける事を願います^^




宗流
[PR]
by sou-ryu_mame | 2010-09-03 00:32 | きもの検定について

最新の記事

再び「衿」のお話
at 2011-02-02 22:30
半襟の日
at 2011-01-20 00:22
睦月の節句
at 2011-01-16 18:21
2010 正倉院展 その3
at 2010-11-20 18:23
2010 正倉院展 その2
at 2010-11-03 17:01

お気に入りブログ

。*゜ミルクブラウン色の...

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧