宗流がお届けする小さな豆知識。
by sou-ryu_mame
プロフィールを見る
画像一覧

2010年きもの文化検定終わる


こんばんは。
今年の夏ごろからぼちぼちと更新してまいりました、
「きもの検定について」も、2010年の分は終了となります^^
今年他の級も含め、受験された方はいかがでしたか?
宗流は甘く見れば滑り込みセーフかな?というところですが、
厳正な目で見ると撃沈しそうな様子です^^;
とはいえ、頑張ってお勉強したものはけして無駄になるものでもありません。
今年ダメでも、また来年!と決意新たにした宗流です♪

さて、今日は今回の一級の試験の覚書&復習にいたします。
昨年は始めての経験にかなり戸惑いましたが、今年は戸惑うより先に、
時間が足りなかったのが悔まれました。
やはり知識の吸収と共にそれをきちんと整理して、さっと取り出せないと
いけませんね。。それが今年一番の収穫といえば収穫です!


まずは第一問目。

襲物を着る時、きものや下着を重ねて一度に打ち合わせて着ることを何というか?

…答えは「一つ前」というそうですが、宗流恥ずかしながら初めて聞きました。
これは普通のきものでも言える事なのかしら?
襦袢ときものを重ねて着ると言っても、それぞれ伊達締めや腰紐もしなくちゃいけませんし、
それとも装束に関してだけなのかな???
ちょっと謎が残っちゃいました^^;


第五問目

(七五三の七歳女児の写真あり)
一幅の布を並幅のまま縫わずにしごいて締めるのでこの名がある。
江戸時代には(  )帯といい、おはしょりをとるために腰に締めていた。


…答えは「抱え(帯)」
宗流、画像に惑わされちゃいました。「しごき(帯)」かと…。
しごきの別名が抱え帯と考えていたのですが、よくよく調べてみると少し素材が違うようです。
しごきが柔らかな薄手の錦紗なのに対し、抱え帯は綸子などで芯が入っていたそう。
へぇ~!と思いましたね。でも、それなら七五三の画像はなぜに???
そして、なぜしごきと抱え帯が同じようなものとして扱われるのか謎です^^;


第八問目

現在帽子絞りはビニールシートを使用していますが、30年ほど前には(  )の皮を使用して
おり、当時は皮巻き絞りと呼ばれていた。


…答えは「筍」
筍~!? 竹の皮ではなく、筍~!?
子供(筍)の皮と大人(竹)の皮は別物なのかしら???
一般的に竹皮とはよく聞きますが、筍とは初めて知りました。


第十四問目

( ① )織は世界的にも有名な綴織の一つで、古代エジプトで織られたものです。
日本でも昭和初期にその織をモチーフにしたきものや帯が作られました。
古代エジプトの初期( ② )教の分派である( ① )派の人々によって作られた織物です。


…①はコプト織ですね。
ここまではOKです。でも、コプトの源流が何かなんて考えた事がありませんでした。
②は「キリスト」ですって!へぇ~^^;
宗流、神社の娘なので全くご縁がありませんでした!(←言い訳)


第二十三問目

明治時代に色糊による写し友禅染めが友禅中興の祖と称される(  )によって発明され
「型友禅」として発展しました。


…広瀬治助 (ひろせじすけ )
スミマセン…失礼ながら、どなたなんでしょう???
勉強不足の宗流には問題外の問でした^^; 


第二十四問目

大和和紀の作品(  )によって、若い女性の袴が流行しました。

…はいからさんが通る
スミマセン…マンガだという気はうすうすしていましたが…どなた???
何となく勢いで平安時代の装束の袴かと思って「あさきゆめみし」かと…。
まさかその時代の流行をマンガが作ったはずはないですよね^^;
というか、どなたかわからず、マンガも読まない宗流、これしか思い浮かびませんでした。
ちなみに、あさきゆめみしも全く読んだ事がないんですけどね。
とはいえ、若い女性の流行に「袴」ってあったんですね、知らなかった!
渋谷の街を袴姿でいざ♪ なんてCanCanにでも特集があったのかしら^^


第二十六問目

桃山時代から江戸時代に、ポルトガルやオランダ船によって東南アジア方面の絹織物が
多量に輸入されましたが、その中のインド西海岸地方で産した薄くて軽い縞柄の絹織物が
以降も西陣織りに定着して織られる事となります。和絹多とよばれ、羽織や袴地、表具に
広く用いられました。これは何という織物でしょうか。


…茶宇(ちゃう)だそうです。
インドのチャウル地方から伝わった事からその名前がついたそうです。
わんこのチャウチャウなら知ってますが、初めて聞いた名前の織物でした^^;
これはかなりのへぇ~でした!



…ここまでで約1/3くらいでしょうか?
今回はうっかりミスが多かった宗流、ここまでくるのに大分うっかりしてます。
でも、あとから見直してみると結構面白くなってきました^^
という事で、あと数回今年の問題を見直してまいりたいと思います!
どうぞよろしくお付き合いくださいね~♪



宗流
[PR]
by sou-ryu_mame | 2010-10-20 23:50 | きもの検定について

最新の記事

再び「衿」のお話
at 2011-02-02 22:30
半襟の日
at 2011-01-20 00:22
睦月の節句
at 2011-01-16 18:21
2010 正倉院展 その3
at 2010-11-20 18:23
2010 正倉院展 その2
at 2010-11-03 17:01

お気に入りブログ

。*゜ミルクブラウン色の...

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧