宗流がお届けする小さな豆知識。
by sou-ryu_mame
プロフィールを見る
画像一覧

重ねるのは…年齢と経験だけではありません(後篇)


こんばんは、京都はお昼過ぎから雨が降ってきました。
それほど強くはありませんが、少し冷たい雨です。
みなさんのお住まいの地域のお天気は、いかがでしょうか?


本日は先日の「重ねるのは…年齢と経験だけではありません(前篇)」に
引き続き、後篇です。
改めて見てみると…今さらですが、タイトル長いですね(泣)


さて、気を取り直して。

「重ね衿」は、この名前の通り着物の衿を重ねたように見える所から
このような名前がついたといわれています。
そして、この重ね衿には大きく分けて二つの種類の仕立て方があります。
(今回は広衿ではなく、バチ衿タイプの重ね衿のお話です)

まずは(表地が)一色の生地で仕立ててあるもの。
そして、(表地が)二色以上の生地を使って仕立ててあるもの、に分かれます。
(一色のもの=一重)
(二色・三色=二重・三重)

一重に関しては、着物との取り合わせの中で
お好みの色をお選びいただければ大丈夫なのですが
二重・三重だけでなく、多いものでは五重というものがありますので
そうなると、ちょっと迷ってしまいそうです。


私の個人的な意見ですが、最も使いやすいと思うのは
やはり一重でしょうか。これだと、あまり色合わせに自信がなくても、
お着物に対して、コントラストをつけたいか、
全体に調和させたいかにポイントを置くと、選びやすくなります。

またほんの参考なのですが、お着物に対して
コントラストの強い重ね衿をお探しの場合、
「色相環」という色の見本帳のようなもので、
お着物の色に近いお色を探して頂き、その色の対極にあるものを見てみます。
それが各色の「補色」となります。
そして、この補色同士の組み合わせはコントラストが強いだけでなく
お互いの色を引き立てるもので、「補色調和」とも言われます。
分かりやすい色相環のサンプル
(色相環で検索しますと、たくさんヒットします)

そして、あまりコントラストを付けたくないとお考えの時にも
この「色相環」は役に立ちます。
同じ色系統でまとめたい、そんな時には色相環で
お着物の色目に近いものを選んで頂き、
すぐ隣り合ったお色を中心に、お好みの明るさや
赤み・青みを足し引きして頂くと選びやすくなります。
これは重ね衿だけではなく、帯揚げ等の小物をお選び頂く際にも
応用できるかと思います。


そして…
二重、三重なのですが、これはなかなか一概に言いきることができません。
何しろ、メーカーさんの数、そしてその組み合わせは無数にあり、
どんなものがあるかとは一口に説明がつきません。
ですが、比較的多く制作されている二重の片方の生地が金色のものなどは
やはり訪問着やお振り袖など、華やかなお着物に
衿元が寂しくならないようにと作られています。

せっかくの華やかな衣装ですもの、衿元もお洒落させてあげないと、
と、いうところでしょうか。


駆け足での、二回にわたっての重ね衿のお話でしたが、
なかなか重ね衿の本分をお伝えするにはまだ至ってませんね。
私ももっと勉強を重ねていきたいと思います。
そして、
みなさまのお着物の衿元に、さらに美しさが重なりますように…。


宗流


こちらでも重ね衿をご紹介しております。
よろしければご覧下さいね。

http://www.sou-ryu.jp
[PR]
by sou-ryu_mame | 2009-01-22 17:42 | 重ね衿について

重ねるのは…年齢と経験だけではありません(前篇)


c0163413_19143565.jpg


こんばんは、新しい週の始まりはいかがでしたか?
楽しかった昨日のお疲れが残ってらっしゃる
方もおられるかもしれませんね。
今週も一週間頑張ってまいります!(my宣言)


さて。本日の画像のサンドイッチ状のものは…?
これは、刺繍半衿と重ね衿です。
上から順に刺繍半衿×重ね衿…と4種類並べて写真をとったら
見たところあまり美味しくなさそうな
サンドイッチみたいになってしまいました。


サンドイッチの話はさておき、
みなさんは重ね衿ってよくお使いになられますか?
私は個人的には好きです。
特に訪問着や華やかな小紋などにはとてもよく似合う気がします。

ですが、よく着物をお召しになられる方に以前お聞きしたことがありましたが
あまり日常的には使わないとの事。
何となく寂しい気がしたものの、でも確かに納得する感は否めません。

と、いうのも日常的にお着物をお召しになられる方は
友禅の小紋などだけでなく、織物の紬・絣のお着物も
随分お召しになる機会が多いのではないでしょうか。
そして、そうしたお着物には、通常重ね衿は使われません。

特に理由を調べた事がなく、私の勝手な想像ではありますが、
まずは、重ね衿が「重ね着」を簡略化したものである事。
これは昔は実際に着物を重ね着をしていた事の名残で、
今現在は留袖等の「ひよく仕立て」と、この「重ね衿」で
重ね着をしているように見せています。

ですが、紬は今でこそ結城紬や大島紬など、
高級品の代名詞になっているものがありますが
もとは絹糸を紡ぐ時にでたくず繭を紡いで糸にしていたため
昔は「日常着」という観念が強かったようです。
そんな紬は重ね着などしなかったのでしょう。
そこから来ているのでは、と推測しています。

また、色柄も大きく影響しているのかもしれません。
白やカラフルな夏大島等を除いては、やはり紬はあっさりとした
シックな色柄が多く見られます。
その粋さ加減が身上であるがゆえ、
華やかさを加えるのは敬遠されるのかもしれません。


けれど、何も必ずしもこうでなくてはいけない!
といったものは、特にはないのではないかと私は思います。

もちろん礼を重んじたり、身だしなみを整える事で
身も心も引き締まるような場というものは
大切にしなければならないと思います。

しかし、ちょっと生意気な意見ではありますが…。
基本を踏まえた上で、個人の好みで着用する分には
少しくらい慣例をアレンジしてもいいのではないでしょうか。
遊び心や冒険心が、新しい流行を生むのでは?と思います。

だって、なかなか新しい事を思いつくのは難しい事ですもの。
「コロンブスのたまご」は、案外みなさんのお好みの中に
眠っているのかもしれませんね。


(後日、「重ねるのは…年齢と経験だけではありません(後篇)」に続く…予定)


宗流


ただいまHPにて色々な重ね衿のSALEを行ってます!
もしよろしければご覧下さいね。
(SALE目印は、TOPページの赤いSALE紙袋です)

和装小物 宗流
http://www.sou-ryu.jp
[PR]
by sou-ryu_mame | 2009-01-19 19:30 | 重ね衿について

最新の記事

再び「衿」のお話
at 2011-02-02 22:30
半襟の日
at 2011-01-20 00:22
睦月の節句
at 2011-01-16 18:21
2010 正倉院展 その3
at 2010-11-20 18:23
2010 正倉院展 その2
at 2010-11-03 17:01

お気に入りブログ

。*゜ミルクブラウン色の...

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧