宗流がお届けする小さな豆知識。
by sou-ryu_mame
プロフィールを見る
画像一覧

江戸時代のファッションリーダー…?

こんばんは。
祝日(天皇誕生日)の一日、みなさまいかがお過ごしでしたか?
いい一日をお過ごしだったのでしょうか。

さて、宗流まめ知識の「文様」シリーズも三回目です。
そろそろネタが尽きそうで若干不安も抱いていますが、
探せばざくざく出てくるのがこの「文様」シリーズ(?)
もうしばらくお付き合い下さいね。


さて、本日は「小紋」のお話。
この「小紋」、今日は着物の小紋ではなく「小紋柄」のお話です。

まず小紋というと一番に思いつくのが「江戸小紋」でしょうか。
特に「江戸小紋三役」と呼ばれる鮫・行儀・角通しは、
紋を入れると色無地と同じ格の準礼装にもなる使いやすい小紋です。
この「小紋柄」がもとは武士の裃に各家が柄を決めて(留柄)
使用していたのは有名なお話です。

他にも「松葉」(徳川家)、「大小あられ」(薩摩藩島津家)、「菊菱」(加賀藩前田家)
など、各家の小紋柄は現在の着物の柄にも多用される柄となっています。

今でこそ、この細かな小紋柄は私たちも使用する柄となっていますが、
武家社会が支配していた江戸時代では、一般の庶民は使用できませんでした。
ですが、粋と洒落を信条としていた江戸っ子たちは、
武家の使う小紋柄とはまた別の小紋柄を流行に取り入れたのです。
そのひとつが「歌舞伎文様」「役者文様」です。

当時の江戸の娯楽として歌舞伎は大変人気がありました。
また、その舞台演じる歌舞伎役者は、人気俳優であると同時に
現代でいうファッションリーダー的な役割を担っていました。
人気演者たちの身につける着物の柄は、すぐに江戸の人々の
人気の柄となったのです。

たとえば、
刃物の「鎌」と「輪」・「ぬ」の絵と字が連なった模様で「構わぬ」
と読ませる洒落のきいた柄は、七代目 市川団十郎。
(鎌輪奴・かまわぬ文様)

四本と五本の縞を縦と横に交互に組み、
その組んだ格子の中に「キ」と「呂」の字を配置させて「キ九五呂」と読ませる柄は
三代目 尾上菊五郎。
(菊五郎格子)

四本の縞を並べ、その横に「C」の文字を交互に組んだもの(たんすなどの取っ手の鐶(かん)
は三代目 中村歌右衛門(俳号・芝翫)
(芝翫縞)

などなど…
この時代の役者・そしてそれを好んだ庶民たちは、
さまざまな洒落のきいた文様を流行させたのです。
そしてそれらの多くが現在も歌舞伎関係の浴衣手ぬぐい、
また私たちもよく目にする襦袢や羽裏などの柄に使われ、
また全く着物と関係ない雑貨にも使われているのです。


当時の歌舞伎役者は、ファッションリーダーとしては
きっといまでいうエビちゃんや浜崎あゆみのような存在だったのかもしれません。
彼女たちがファッション雑誌で身につけた衣装が流行を作ったように
昔の役者達は自分たちが身につけた衣装の柄で
流行を作っていったのでしょう。


宗流


和装小物  宗流
http://www.sou-ryu.jp
[PR]
by sou-ryu_mame | 2008-12-23 22:18 | 文様について

めでたき哉

こんばんは。
本日の京都はあまりすっきりとしないお天気でした。
私も一日細かな雑用が多くて、どうもすっきりしません。
細かい雑用こそ大事に…とは思うのですが
ついつい後回しにして溜めてしまいます。
要領が悪いのでしょうか…(泣)


さて、本日は昨日に引き続き「文様」のお話です。
この文様シリーズは、あまりに奥が深すぎて
一度や二度のお話ではなかなか終わりそうにありません。
ですので、宜しくお付き合い下さいね。


文様といえば、真っ先に思いつくものの中に
「吉祥文様」があるという方も多いかもしれません。

何しろ、生活の中でお祝い事というのはとても多いです。
出産・入学・卒業・結婚・長寿…
人の軌跡のそれぞれに、お祝があると言っても
過言ではないかもしれませんね。


古くより、人は物に対しての連想や、
何かの願い・祈り、物の状況などを「文様」という図柄に託してきました。
そして、その中で人の気持ちが最も込められた文様が
「吉祥文様」ではないかと私は思っています。


「鶴亀」千年・万年の長寿を願って。
「おしどり」夫婦仲の良い所から、婚礼の衣装などに。
「宝尽くし」様々な宝物を表す事から、富の象徴。
「貝合わせ」他の貝同士では合わないことから夫婦の契りを示す。
「熨斗(のし)」古くより祝儀の進物に使われた。

他にも、松竹梅・四君子などなど…数え上げるときりがありません。

またこのおめでたいモチーフを吉祥文様とするのは
何も日本だけの事ではありません。
外国でもおめでたい文様というものは存在します。
例えばお隣の国、中国ですと…

日本では「雲取り」など、柄と柄をつなぎ、空間のバランスを取るための
イメージの強い「雲」は、形がキノコの霊芝(れいし)に似ていることから
霊芝雲と呼ばれ、不老を象徴する文様ですし、
忌み嫌われる事の多い「こうもり」も漢字で書いた「蝙蝠」が
幸福と同じ読みをするという事から吉祥の象徴とされています。

可愛らしい姿形から日本でも柄のモチーフに使われる事の多い
「金魚」や「レンゲ」も、中国では吉祥文様とされています。
また、日本でもなじみ深い「葡萄唐草」は中国だけでなく古代ヨーロッパでも
豊穣や発展を意味する文様として、建築のレリーフにも使われてきました。


そう思うと…
お国や人種の違いがあったとしても、古くから人は
「おめでたい事」に対しての願いがことさら深かったのでしょうか。
そして、その思いの強さが多くの吉祥文様を生み出したのかもしれません。


ただ、私が一つ謎に思っているのは…
繁栄の象徴である「唐草」の文様が
なぜイラストやマンガの泥棒の風呂敷に使われたのか今以て謎です。
繁栄を願うとは思えないですしね…。
ご存知の方がいらっしゃったらお教え下さい。


宗流


昨日の割付文様や、本日の吉祥文様のいくつかが
こちらにも出ています。宣伝を兼ねて…なんてね。

宗流クリスマスセール


和装小物 宗流
[PR]
by sou-ryu_mame | 2008-12-17 19:36 | 文様について

いろいろあります、ありすぎます。

こんばんは。
本日の今日は、日中とてもいいお天気でした。
今日は仕事で外出が多かったせいか
表の空気を吸ってちょっと爽やかな一日でした。


さて、本日のお話は「文様」についてです。
これはあまりにもたくさんあるので、いくつかに分けて
またお話しようかと思いますので、本日はほんのさわりを。


みなさまが「文様」と聞いてまず思い浮かぶのはどんな「文様」でしょうか…?
もしかしたら、多くあり過ぎて、かえって浮かばないかもしれませんね。

本日はまず日常生活にもなじみ深い「割付文様」から。
単位文様を規則的に配置したものを総称として割付文様と言います。
簡単にいえば、一つの図形が連なったもの、と言えばいいでしょうか?

例えば「麻の葉」文様
これは日本に古くからある文様で、正六角形に対角線を引いた形を基本に
した文様で、破れ麻の葉・麻の葉鹿の子など、バリエーションも豊かです。

この文様は、植物の麻がまっすぐに早く成長する様から
子供の健やかな成長を願い、古くから
その葉の模様が産着などに使われていたそうです。
また、江戸時代には歌舞伎役者の岩井半四郎が
「八百屋お七」の演目の中で麻の葉文様の衣装をつけたことで
当時の女性たちの間で大流行しました。


その他にも、割付文様には「青海波」「桧垣」「サヤ形」など、
とても多くの種類があります。
そして、それらには先に述べたように、同一図形の繰り返しという共通点があります。


この割付文様、一見すると単純なように見えますが
デザイン的に私はとても優れているように思います。

それは、何かの対象を写実的に描くのも難しい事なのですが、
その特徴をつかみ、抽象的に描き直すというのは
とてもセンスがいることです。
しかも、それが線で表されるなんて!

古人の発想力は、現代の新しいテキスタイルや
デザインの発展に、知らず知らず影響を与えたのではないでしょうか。
もちろん、当時の人々はそんな風には企んでいなかったでしょうが…。

簡単なもののように見える事、実はその事が一番難しい
私はよくそう思います。


宗流

もしよろしければ、こちらもご覧下さい

宗流クリスマスセール


和装小物  宗流
[PR]
by sou-ryu_mame | 2008-12-16 18:54 | 文様について

初オークションです!

c0163413_17295114.jpg


こんばんは。
みなさま、よい週末をお過ごしでしょうか?
京都は明日は雨模様みたいですよ…。


さて、本日は先日の刺繍半衿SALEに引き続き
宗流の初yahooオークションのご紹介です!
画像は今回出品中の商品で、個人的なお気に入りです。


今回は14点出品させて頂いております。
絹交織の刺繍半衿×正絹帯揚×帯締の三点セット!
宗流初オークション参加という事で、
¥2800の大特価です!

ちょっと詳しく申し上げますと…

帯揚:市松に梅の紋意匠の生地を無地染めしてあります。
お色は6色です。

帯〆:裏金の正絹帯〆で、できるだけ帯揚のお色に近いものを
お選びしてあります。

半衿:絹交織の白生地に、帯揚の雰囲気に近いものをお選びしました。

…と、いった内容です。
全ての出品商品を確認してはおりませんが、
帯揚×帯〆セットはよく目にするものの
半衿つきはちょっと珍しいかもしれません。

12月18日の夜10時頃終了予定です。
どうぞよろしければご覧になって下さいね。


↓こちらからご覧下さいませ。
yahooオークション・三点セット№13


和装小物 宗流
[PR]
by sou-ryu_mame | 2008-12-13 17:35 | 宗流HPについて

名脇役たち!

こんばんは。
昨日に引き続き、本日の京都は暖かな一日でした。
暖かいと、ほんの少しだけ仕事もはかどる!
…ような気がします。


さて、本日は和装小物全般についてのお話です。
みなさまは「着物」について、どのようなイメージをお持ちでしょうか?
美しいもの・伝統のもの・高価なもの…
色々なイメージが、人それぞれにおありだと思います。


「和装小物」についてはいかがでしょうか?
そして「和装小物」といえば、何をまずイメージされるのでしょうか?

私はこの「宗流」で仕事をする以前は、表もの(着物や帯)
を扱う仕事をしていました。
そして数年前この和装小物業界に移りました。
私自身が「和装小物」といえば、帯〆・帯揚くらいしか
知らなかったといっても過言ではありません。

どうしても表ものの華やかさに比べて
和装小物の存在は地味になりがちです
帯揚げにしても帯に隠れ、半衿は見える部分はわずかです。
でも、着るためはもちろんですが
色を挿したり、調和させたり、大切なものです。


そして、その小物たちそれぞれに、
たとえ見える部分はわずかであっても
様々な生地や加工が使用され、作り手側も懸命なのです。
それはもちろん着物にも言えることですが
小物であっても同じなのです。


まずは表ものがあってこその小物ですが、
一枚の着物の雰囲気を変えるのに、とても役に立ちます。
また、小物には表ものを引き立てる力があります。
例えるなら、着物が主演女優とすれば
和装小物は助演女優でしょうか。
映画も着物も、名脇役あってこその名作、かもしれません。


和装小物 宗流 ←宗流HPでは、ただいま刺繍半衿のSALE中です!
[PR]
by sou-ryu_mame | 2008-12-11 18:58 | 宗流HPについて

12/10 AM0:00より宗流saleです!

c0163413_1811193.jpg


こんばんは。
本日の京都はお昼頃から雨模様です。
朝はいいお天気だったのに…。


最初に、本日は和装小物・宗流HPよりお知らせです。
12/10(AM0:00)より12/23(PM23:30)まで
宗流の初めてのクリスマスSALEを開催いたします!



今回は協賛メーカーさんより入荷しました
「刺繍半衿」をお求めやすい価格でご奉仕致します。
(宗流HPのTOPページからご覧頂けます)
たくさんありますので、どうぞゆっくりご覧下さいね!
何卒宜しくお願い致します!!


さて、今回ご紹介いたします「刺繍半衿」なのですが
これはちょっとした事から今回のSELE商品に選ばせて頂きました。

先日、と言っても10月頃だったでしょうか、
とある和装小物製造メーカーさんの社長さんが
京都府の北、丹後地方まで着物のイベントを
見に行ってらした時のお話です。

その日のイベントは振り袖の女性が大変たくさん出られていたそうで
会場付近も華やかな雰囲気が満ちていたそうです。
私は出掛けてませんので、想像でしかないのですが
色とりどりの振り袖で着飾った女性たちは
とても可愛らしかっただろうと思います。

ですが…
その社長さんいわく、とても襟元が寂しい感じがしたとの事。
それは、女性たちの襟元の大半が白い半衿だったからそうです。
白い半衿はとても清潔感があり、凛とした雰囲気をかもします。
けれど、それと同時にやや襟元が寂しい感じもします。
特に華やかな振り袖であるがため、
なおさらそう思うのかもしれません。


半衿は着物の中で最も顔周りに近い存在です。
ですから、その色や素材などがお顔の色などに直接影響します。
せっかくお洒落をしたのに、襟元が寂しいと
着ていらっしゃる方の魅力も十二分には引き出せません。


お茶席や黒留袖などは別にしても
普段のお着物から振り袖・訪問着等に至るまで
和装小物メーカーさんではそれぞれの着物に
合う半衿がたくさん作られています。
メーカーさんの社長さんのお話を聞き、
大変微力ではありますが、宗流もお着物を着られる女性たちが
更に美しくなるお手伝いができれば…
そんな思いから今回は刺繍半衿をご紹介させて頂きます。

まずはご覧頂けましたら幸いです。


宗流


和装小物 宗流
[PR]
by sou-ryu_mame | 2008-12-09 18:12 | 宗流HPについて

模様替えです!

こんばんは。
京都は陽の暮れとともに、寒さが増してきました。
これからだんだん夜の帰宅が辛くなります…。


さて、本日は商品の紹介ではないのですが
宗流HPのご紹介です。


本日の画像は、宗流HP12月のHOME画像です。

♪クリスマス~!!

…宗流は和装小物のご紹介HPですので、
あまり踊らされていてもいけないのですが(?)
ここはやはり女の子なので、一応押さえておかないと…
と、いう事で、10月に開設して初めての模様替えです。


クリスマス…何だかこの季節はいいですね。
私は意味もなくわくわくします。
街中もクリスマスカラーに彩られて
どこを歩いても、クリスマス一色です。

洋品雑貨屋さんやお洋服屋さん、お花屋さんetc…は
どこもこの季節はプレゼント用やディスプレイ用など
毎年様々なアイテムが出てきますね。

でも、和装って…?
お正月ならともかく、クリスマスって関係ないんじゃないの?
と、思うなかれ!

最近は和装の中でも、クリスマスモチーフの商品は
ある意味季節の定番ともいえるほど、充実しています。
帯なんかは特にトナカイやサンタさん、もみの木などは
よくモチーフに使われています。
また半衿などの小物も、季節の風物詩を取り入れる事が多く
案外和装の中でも、クリスマスは
徐々にメジャーな地位を確立しつつあります。


と、言うのも…
もしかしたら以外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが
結構クリスマスのお洒落に、
着物をお召になられる方がいらっしゃいます。
パーティーなどではやはり圧倒的にドレスが多いのでしょうが、
たまにクリスマスモチーフのお着物や和装小物で
うまくクリスマスを演出なさっているお洒落な女性を見かけます。
ドレスの女性の中でも、まさに存在感が違います。


お着物で、いつもと違うクリスマス!なんていかが?
結構素敵な気がします。
いつもと違う貴女の魅力が見つかるかもしれませんよ。


宗流


和装小物 宗流


c0163413_17511411.jpg

[PR]
by sou-ryu_mame | 2008-12-01 17:52 | 宗流HPについて

最新の記事

再び「衿」のお話
at 2011-02-02 22:30
半襟の日
at 2011-01-20 00:22
睦月の節句
at 2011-01-16 18:21
2010 正倉院展 その3
at 2010-11-20 18:23
2010 正倉院展 その2
at 2010-11-03 17:01

お気に入りブログ

。*゜ミルクブラウン色の...

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧