宗流がお届けする小さな豆知識。
by sou-ryu_mame
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

映像のなかの「きもの」


こんばんは。
もう明日はお休み、と今夜は寛ぎの最中の方も多いのでしょうか。
私は今週あと一日お仕事です。
頑張らねば!


さて、本日は先ほどTVで藤沢周平の原作映画
「隠し剣 鬼の爪」を見ていた影響で
「映像の中のきもの」についてのお話です。

時代劇などを見ていると、劇中の当時の女性たちは
もちろん「きもの」を着用しています。
ですが、その「きもの」が今のきものと違うと
感じられた事はないでしょうか?

見た目で一番違う点は、町の女性たちの襟元かもしれません。
いまの「きもの」の襟元には、劇中の女性たちのような
黒いかけ襟は、まずほとんど見られません。
今の「きもの」は毎日普段着に着用される方を除いては
「お洒落着」としての要素が強いのに比べ
当時の女性たちは「きもの」=「日常着」でした。

もちろん日常着だったため、いまのように高価な絹物を着て
炊事・洗濯をこなしていたわけではありません。
簡素な木綿や、くず繭から紡いだ糸で作られたきものが一般的でした。
そして、何より現代の私たちが何枚もの衣服を持つように
たくさんの着物を持っていたわけではないそうです。

一枚のきものがダメになるまで、大事に着るのが当たり前だった当時
きものがまず最初に痛む箇所は「襟元」でした。
そのため、痛み防止と汚れが目立たないという観点から
きものに黒いかけ襟がかけられていたそうです。

子供のころ、そんな事とはまったく知らず
TVの時代劇の影響で、私はきものには必ず
黒い襟がついているものと思いこんでいました。
今思うと、そうでないと気づくほどに
周りにきものを着る人がいなかったのかもしれませんね。


そして、よく見ていると時々劇中でおかしな事を目にすることがあります。
それは、女性の帯の「お太鼓結び」と「帯揚げ」です。
実はこの二つは、江戸時代の初頭にはなかったものなのです。

お太鼓結びは、江戸の末期に東京の亀戸天神にある
太鼓橋と呼ばれる橋の形状をまねて、
亀戸の芸者さんたちが結ぶようになったものなのです。
そして、その帯結びに必要な帯枕や帯揚げも、
その頃から使われるようになりました。

ですから、江戸の初頭が舞台の時代劇で
町の女性たちが当たり前のように帯をお太鼓を結ぶ、
というのには少し無理があるのです。


でも…きものに携わる者の一人としては
帯の結び方はどうあれ、きれいな女優さんが
美しくきものを着こなす姿を見て、一人でも多くの現代の女性たちが
「きものっていいなぁ」と思ってくれる事を願ってやみません。


宗流


和装小物  宗流
http://www.sou-ryu.jp
[PR]
by sou-ryu_mame | 2009-02-07 00:24 | 「きもの」について

日本に四季があってよかった


こんばんは。
今日の京都は日中暖かでした。
仕事でのお出かけも快適~!
でも、まだ2月…寒さもまだまだこれからですね。


さて、本日のタイトル…どこかのCMで使われていた気がします。
まぁそれはさておき、今日は久々に文様の話、第六回目です。

日本では春夏秋冬の四季がはっきりと分かれています。
穏やかな春や、光の鮮やかな夏、
自然の色美しい秋、そして白い雪の舞う冬…
日本はそれぞれの季節に美しい風景を持ちます。

その美しい四季の中で、日本の文様もそれぞれの季節を表す
ものが生まれ、きものの意匠として使われてきました。
中でも、春=花=桜といった文様などは
季節の文様の中でも真っ先に思い浮かぶものかもしれませんね。
それほど日本の四季、特に花々は季節によって
様々な種類を持っているといえるのでしょう。


春の桜・夏の杜若・秋の菊・冬の南天…
花を見るだけで、その季節が何となく想像がつきます。
ですが、時にそんな季節の植物文様の中でも例外があります。

その一つが、「桜楓文」(おうふうもん)です。
春の満開の桜と、秋の紅葉の楓。
日本人の好む二つの季節の植物ですが、
これらが最も美しい時期は春と秋と異なります。
桜楓文は、その二つが同じ場面に描かれた文様です。

この桜楓文は古くから絵画の題材とされ、
京都の智積院(ちしゃくいん)の障壁画・桜楓図はとても有名です。
また、季節の文様と四季を大切にする呉服の中でも
この文様は四季を問わず、通年使われることが多いのです。

少し矛盾があるようにも思われるかもしれませんが
これは、あえて季節の違うものを同じ空間に描くことで
逆に四季を表していると言われています。
四季を愛するが故、とも言えるかもしれませんね。


また、他にも季節を問わず使われているものに
「雪輪」があります。本来は雪印のマークでおなじみの
雪の結晶のかたちの角を、丸く抽象化したものです。
この文様も季節を問わないのですが、特に夏物の柄として
よく使われます。

これも「夏に雪?」と思われるかもしれませんが、
これは冬の図柄をあえて夏の着物に描くことで
見た目に涼を誘うという意図があります。
「夏の雪」…言葉にしただけでも美しい涼感があるように思います。
日本人の四季を愛でる気持ちがあってこそかもしれませんね。


こうしたものは、他にもたくさんあるのですが
なかなか一度ではお話しきれそうにありません。
またいつかの機会にでもご紹介できればと思います。
今日はこの辺りで…。


宗流


和装小物 宗流
http://www.sou-ryu.jp
[PR]
by sou-ryu_mame | 2009-02-04 22:47 | 文様について

TPO


c0163413_2151839.jpg

こんばんは。
本日の京都はお昼から雨降りでした。
今夜は冷たい雨のせいか、少し寒い夜です。


さて、本日は「TPO」について、です。
ですが…きものの着用シーンに関してのTPOではありません。
私が思っている、宗流のTPOです。

今日の画像は、宗流の商品についているURLシールです。
これは、とあるお店に置かれている宗流の商品には
ひとつひとつにつけられています。

京都市内の寺町通にある「寺町京極商店街」の中に、
香和詩屋・寺町店さんというきもの屋さんがあり、
宗流はそのお店の一角に、商品を置かせて頂いています。
こちらは洗えるきものや小物など、とてもリーズナブルなお値段で
販売されているお店です。
そこで、宗流はポリエステルの刺繍半襟や
帯揚げなどを置かせてもらっています。


おきものをお召しになられる方は、
その場面、場面でのおきもののTPOもよく熟知なさっている事と思います。
また、おきものだけでなく小物の知識に関しても明るい気がします。

ですが、今回ご紹介させて頂いたお店に見えるお客様は
全てそうした本格的な方々だけではありません。
きものビギナーの方や、手軽な洗えるきものをきっかけに
おきもの始めをなさった方も多くいらっしゃいます。


宗流はもともと装う愉しみを熟知した大人の女性の方ための
和装小物を、というコンセプトで始まったのですが、
現在宗流では、ポリエステルや絹交織のものなども多く扱っています。
それは、普段からおきものを着慣れた方だけでなく
これからの方、また始めたばかりの方にも
お気軽にきものに触れていただけたら、と思うからです。


興味はあるけどなかなか機会がなくて…
きものって高いんでしょ…
そんなイメージが先行してしまうのは、とても悲しい事です。


本来TPOとは…
どんな時間帯(time)、
どんな場所(place)、
どんな場合(occasion)、
…を指す言葉の頭文字の和製英語なのですが

私はきものの業界に流通する商品にも、上記以外のTPOがあると思います。
それは、着物に慣れ親しむ度合に関してです。
初めて着てみたいと思われた方、日常のお稽古事に着用される方
また、ドレスではなくおきものを勝負服になさる方…
それぞれの場面、状況に合うきものがあるはずです。
そうした度合いのTPOに、すべて同じ商品をオススメするのは
何だか妙な気がします。


そうしたニーズに合わせた商品をオススメする事、
またそのための商品知識を身につけていく事は、宗流の一番の目標です。
そして、きものを好きになっていただける未来の「きもの美人」を
見つけられればと思います。


もし、京都の寺町のお店で宗流のシールがついた商品を見つけて頂いた時
ほんの少しだけ宗流の事を思い出して頂ければ幸いです。


宗流


和装小物 宗流
http://www.sou-ryu.jp
[PR]
by sou-ryu_mame | 2009-02-03 22:04 | 宗流の商品について

ありがとうございました!


こんばんは。
今週も始まりましたね。週明けの月曜日、
みなさんの今日はいい一日だったでしょうか?


さて、本日はまずお礼から。
昨日の夜、「宗流新春SALE」が終了しました。
毎日たくさんの方にご覧頂き、大変うれしく思いました。
ありがとうございました。

また、宗流HPに対して、励ましや激励のメールを頂戴し、
とてもありがたい気持ちでいっぱいです。
今後とも、みなさまに喜んで頂ける商品をお届できますよう
頑張って参りますので、どうぞ今後ともよろしくお願いしたします。


今月は、二月半ば頃から2009年の二回目のSALEを予定しております。
ただいま張り切って準備中です!
今回は「こもの屋の小さなこもの展」と題し、
小さな小物をご用意しております。
また詳細が決まりましたら、HPやブログでご報告させて頂きます!
もう少々お待ち下さいね。


それでは、この度は誠にありがとうございました!
まずはお礼とご報告まで。


宗流



本日より、TOPページを衣替えしました。
よろしければ、ご覧ください!

和装小物 宗流
http://www.sou-ryu.jp
[PR]
by sou-ryu_mame | 2009-02-02 22:02 | 宗流HPについて

最新の記事

再び「衿」のお話
at 2011-02-02 22:30
半襟の日
at 2011-01-20 00:22
睦月の節句
at 2011-01-16 18:21
2010 正倉院展 その3
at 2010-11-20 18:23
2010 正倉院展 その2
at 2010-11-03 17:01

お気に入りブログ

。*゜ミルクブラウン色の...

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧