宗流がお届けする小さな豆知識。
by sou-ryu_mame
プロフィールを見る
画像一覧

幸せに染まる色


こんばんは。
本日の京都はここしばらくの暖かさから少しはずれ、
ちょっと肌寒さを感じる気候でした。
それでももう冬の寒さに戻る気配はなさそうで
あとはどんどん気温上昇の一途なんでしょうね。


さて、先日は色のお話「黒」をお送りいたしましたので
本日は相対して「白」のお話をお送りいたします。
どうぞ宜しくお付き合いお願いします。

白…この色で一番に思いつくイメージは
女性でしかも未婚の方は(私を含め)、結婚式のドレスもしくは
白い打掛、という方も多いかもしれませんね。
また、真っ白なキャンバス、というものもあるかも。

この二つに共通する事柄として、「白」という色が
他者の色に染められる、という事に思います。
ウェディングドレスでも、「あなた色に…」って言いますものね。
そしてこの何色にでも染まるという点は、和装の中でも
大きな意味をもちます。

以前、絹のお話で織り上がったばかりの白生地に
「製練」という加工を施す、という工程をお伝えしたと思います。
絹糸についているセリシンという膠状の物質を落とし、
生地に柔軟性を与える工程なのですが、この製練が
終わったばかりの、「練上がり(ねりあがり)」の生地は
染め加工に出す前は白色をしています。
この生地を指定された色に染めていくのですが、
白を指定された場合も、このままの白い生地ではなく、
ちゃんと白色に染め上げます。

その白色を染めるための染料は「蛍光染料」とよばれるものを使います。
この蛍光染料は染料の一種で、蛍光増白剤ともよばれます。
これは生地や糸などに存在する黄色系の色を隠す働きがあります。
練上がりの生地は薄い生成色をしています。
そのためこの蛍光染料を用いて、生地を白く染め上げるのです。

何となく…
白って「そのままの色」っていうイメージを
お持ちの方も多いかもしれませんね。
ですが、ものには多かれ少なかれ、「色」が存在しています。
白に関しても「白」という色を染めてあるのです。

ですが、やはりこの「白」は他の色にほぼ影響を与えず
どんな色にも染まる、という点はあります。
だからこそ、新たな道を歩んでゆくお二人の色と言えるのです。
もしかしたら、「白」という色が多少人の手を加える事を思うと、
まっさらな色じゃないじゃないか、とのお話もあるかもしれませんね。

でも…それは人と同じような気がします。
人だって、生まれて何も知らないまま、誰かと生きるわけじゃありません。
知る事もあってこそのご縁。白色についても同じかも。
染色というご縁があるからこそ、美しい純白を得て
どんな色にも染まるのかもしれませんね。


宗流


和装小物 宗流
http://www.sou-ryu.jp
[PR]
by sou-ryu_mame | 2009-04-23 19:17 | 色について

中立の色

こんにちは。
本日の京都は、今のところまだ曇り空ですが、
午後からは雨のよう。でも、今にも降り出しそうです…。


さて、本日は色のお話、「黒」をご紹介いたします。
どうぞ宜しくお付き合い下さいね。

黒…どちかというと色合いのせいか、ダークなイメージが
否めない色かもしれませんね。
弔事の色、闇の色、ブラックリスト、などなど…。
ですが、そうした負のイメージばかりではありません。

収支決算などの時に使われる「黒字」などは「赤字」に
比べるとはるかにいいものです。
そして、黒は他の色に比べ、何色にも染まらないという性質より、
裁判官や審判員などの、中立を守るべき職業の
衣服の色にも用いられています。
確かに、TVなどで放映される法廷のシーンでは、
裁判官は黒い着衣を身に付けていますものね。

ところで、この黒色。「色」として使用されていたのは
はるか数千年も前の事だそうです。
その頃は今のような染料ではなく、油を燃焼させて得られる「すす」を
使っていたそうです。
これは他の染料より生産効率という点では劣りますが、
色彩としての美しさは高く支持されていたようです。
そして、この油煙の「すす」を使ったものは「ランプブラック」
と呼ばれています。

この「すす」を使う黒色には、他にも有名なものに
「ピーチブラック」という色があります。
これは桃の核(種)を炭化させて取られる染料です。
他に葡萄の蔓を炭化させた、バインブラックなどもあります。
こうしてみると、黒色というものは
何かを炭化させて出来たものが多いようですね。

現在では檳榔子(ビンロウジ)や楊梅(ヤマモモ)等の
染料で下染めたものを鉄媒染して染め上げています。
また現代の日本でもモノトーンとして不動の人気を博す黒色は、
江戸時代にも小袖などに多用され、とても人気があったそうです。
そしてもっとさかのぼり、平安時代後期には
紫色・緋色に代わり、高貴な色として扱われていました。
確かに、黒色って高級感があるように思いませんか?

ちなみに、この高級感という意味では
白色が上品なイメージを与えるのに対し、黒色には重量感を伴った
高級感というイメージがあります。
黒塗りの高級車、という言い方もこれにあてはまるのでしょうか。
そして実際に、視覚的なイメージが与える重量感の実験では
同じ質量の物質の白色と黒色のものでは、黒の方が約1.8倍
重みを感じるというデータがあるとの事でした。

でも…いくら実験データで黒に感覚的重量感があるとはいえ
実際に重いわけではありません。
そして、洋服に関しては、膨張色の白より引き締まった感のある黒色を
つい選びたくなる宗流です。(←少しでも細く!の、オンナゴコロです!)


宗流


和装小物 宗流
http://www.sou-ryu.jp
[PR]
by sou-ryu_mame | 2009-04-21 11:57 | 色について

注意喚起の色…?


こんにちは。
本日の京都は、朝のうちは昨日の雨が残っていましたが
午後からは少しずつ晴れてきました。
ただ…ここ数日の暑いくらいの陽気の後のせいか
気温的には平年並みでも、やけに寒く感じられます。

…暑ければ暑いで文句を言いますが
寒ければ寒いで、これまたぶつぶつ言ってしまう宗流です。

さて。
本日のお話は、今までちょっとうっかりさっぱり忘れておりましたお話です。
以前、色のお話で青・赤・紫・緑とご紹介した事があったのですが
忘れてならない「黄色」を忘れておりました。
シリーズの間があいてしまいましたが、どうぞ宜しくお付き合い下さい。


黄色、と言って日常生活の中で一番たくさん目にするものと言えば
もしかしたら「黄色信号」かもしれません。
車に乗られる方だけでなく、歩行者もお世話になっていますしね。
この黄色、赤と青(緑)の間に挟まれた形で通常目にしていますが、
実はこの真ん中の位置は、黄色という色を表す形でもあります。
色の分類として、ちょうど赤と緑の中間として表されているのです。

そしてついでにもう一つ、信号と似たものに警告の表示があります。
よく踏切などの周囲に、黒と黄色の組み合わせを目にしますよね。
これも黄色という色の特性を利用しています。
黄色というのは、視認性が高い色だと言われています。
これは簡単にいうと、「目立つ」とよく似た意味をもっています。
この目立つ黄色が、最もその効果を発揮するのが夜の闇の中なのです。
ですから目立つ黄色を更に黒で引き立て、見る者の注意を喚起しているのです。
また、この黄色と黒の組み合わせの事を一般に「警戒色」と呼びます。

余談になりますが、黄色×黒といえば敏感になられる方もいらっしゃいますよね。
阪神タイガースの色です。今回はタイガースのお話は置いておきますが
自然界での黒×黄(例・スズメバチ等)も、毒や力の強さなどをもつ彼らを
他の生物にアピールしているのだとも言われています。
確かに…タイガースカラーはアピール度も満点ですもんね!


呉服の染色としては、黄檗(ミカン科の植物)の樹皮や
刈安(ススキ科の植物)・ウコン(ショウガ科の植物)を始めとする
植物染料が多く用いられています。

この黄色、春には山吹の花が鮮やかな色を見せますが
晩夏や秋の色としても多く用いられています。
これは、おそらく頭を垂れる稲穂や、色づく紅葉・落日の
色のイメージが強いことからなんでしょうね。
日本の四季の色彩にも、なくてはならない大事な一色です。

ちなみに…
この黄色を抽出する「刈安」の染色色素。
これは、ルテオリンという色素を使っているのですが
いつの時期の刈安にも含まれるわけではありません。
ルテオリンは、太陽の光線・特に紫外線から身を守るという特性があります。
そのため、夏の強い日差しを受け終わった八月の終わりが
もっともたくさんのルテオリンを蓄えているというわけです。

ルテオリン…。
紫外線から身を守るなんて素敵な色素です。
私の体の中にもルテオリンが欲しいと願う
紫外線が気になるお年頃の宗流でした。



宗流


和装小物 宗流
http://www.sou-ryu.jp
[PR]
by sou-ryu_mame | 2009-04-15 17:13 | 色について

春…京都は花盛り!


こんにちは。
今日の京都は連日のお天気の良さが引き続き
本日も快晴なり!です。


さて、本日のまめ知識は春らしい話題です。
どうぞよろしくお付き合い下さいね。


今日のお昼間、お使いついでに自転車で近所を
走っていると、何人かのきもの美人とすれ違いました。
どの方も思い思いのお着物で
春のお出かけを満喫されていたよう!
何しろ、きもの美人の方々のお顔には、
見ているこちらも嬉しくなりそうな微笑み。
和装関係の仕事をしている宗流は
それだけでもとてもうれしく思いました。


可愛らしい銘仙柄のアンティーク風のお着物
粋な縞柄のすっきりとした小紋のお着物
白地に若々しい朱赤の花柄のお着物…
どの方のお着物も素敵でしたが
中でもうっとりとしてしまったのが
お母様とお嬢様らしきお二人のお着物姿。


お母様らしき女性は銀鼠色の上品な地に
白い友禅の花を飛び柄に配したお着物に、
モダンな白×グレーの帯
お嬢様は藍地の紅型風のお着物に
紅い可愛らしい帯。髪にも同色の飾りをされていました。
お二人の着姿に、目の保養をさせて頂きました。


春、そろそろ京都も桜の花は終わりを迎えますが
まだまだこれから花をつける植物もたくさんあります。
そして、京都の街を美しく彩るきもの美人のお着物。
京都の街は、きものがよく似合います。


京都に咲く花は、植物の花だけではありません。
女性のお着物姿も京都に似つかわしい花なのです。
その花で、京都を美しく彩って頂ければと思います。
みなさんもよろしければお着物で京都にいらして下さいね。




宗流


和装小物 宗流
http://www.sou-ryu.jp
[PR]
by sou-ryu_mame | 2009-04-12 16:24 | 「きもの」について

江戸の「粋」


こんばんは。
今日はあまりにも暖かく、黙って仕事をしていると
つい、うとうとしそうな陽気でした。
そして、日が陰り始めた今も眠たい宗流です…zzz。


さて。眠気覚ましに本日のまめ知識!
今日は先日の江戸時代の「琳派」文様の江戸繋がりで
「江戸の粋・縞柄」についてのお話です。

江戸時代、特に後期はきものに関しての発展が
著しい時代だといっても過言ではありません。
帯の結び方や、帯揚げや帯締め等の小物の使用も
その一つなのですが、文様の世界にも大きな波がやってきました。
当時の江戸市中の人間の多数を占める「町人」を中心とした、
「町人好みの江戸の粋」を主題にした文様です。

その中でも、大いに人気を博したものに、「縞」や「格子」があります。
ところでこの縞柄、もともとはこの「縞」の字ではなく、
「島」という字があてられていたそうです。
と、いうのも伊勢貞丈という人物が記した「貞丈日記」(1843年)に
よると、この文様は南方の「島」で織り始められた事から、
以前は縞柄と格子柄を含めた、直線で表される柄を総称し、
「島柄」と呼んでいたと記載されているそうです。

もともと「縞(島)柄」は茶道をたしなむ粋人たちの間に流行した、
舶来の織物(名物裂)にあった、「間道」(かんどう)とよばれる
縞・格子模様を織り出したものをさしていましたが、
その需要が高まるにつれ、国内でも縞柄の織物の生産が
始まりました。
その中でも、特に有名なものに唐桟縞があります。
これは、もともと木綿の産地インド・東南アジアからも輸入した
綿織物の総称でしたが、江戸中期以降は日本国内でも
生産されるようになりました。

この綿の縞織物が普及するにあたり、
ファッションリーダー的な役割を担ったのが
当時の役者・遊女たちでした。
そして、彼ら、彼女らの衣装として登場した縞織物は、
やがて徐々に一般の女性たちの間でも大流行を果たします。
また、この縞柄がもし絹織物であったなら、なかなか一般の町人にまで
浸透する事は難しかったかもしれませんが、木綿を主材料とする
織り物であった事から、容易に広まったとも言われています。



ですが、町人文化が全盛を迎えた江戸時代後期、
江戸幕府は幾度も奢侈禁止令を出し、人々の衣服や生活を
厳しく制限していきました。
しかし、この厳しい取り締まりに対して、町人たちは「粋」という概念を持って
独自の町人文化を発展させていきます。
きらびやかで派手やかな色合いを避け、
地味でありながらも渋さを持ち合わせた色合い。
そして、シンプルながらも洗練された線と面の作る意匠。
縞も格子も、ある意味ではそうした制限の中だからこそ
「江戸っ子の粋」という発展を遂げていったのかもしれません。

けれど、そうした制限にも対応できるのは
無駄をそぎ落とした構成、そして究極のシンプルさであるが故。
そして無数のバリエーションにもかなうのは
たった二色で表現可能な意匠だからこそ、なんでしょうね…。



宗流


和装小物 宗流
http://www.sou-ryu.jp
[PR]
by sou-ryu_mame | 2009-04-09 18:07 | 文様について

A design of the 「江戸」


こんばんは。
本日の京都は、暖かかった昨日より更にいい陽気となりました。
今週はいいお天気が続くとの予報でしたが、
気温の方も比例して上がって欲しいと
切に願う、極度の寒がりの宗流です。


さて。
本日のお話はきものの中の「琳派」についてのお話です。
琳派と一口に言っても、あまりにテーマが大きすぎるため
ごくかいつまんでのお話となりますが、
どうぞよろしくお付き合い下さい。


「琳派」と言ってまず最初に思い浮かべる方が多いものに
「風神雷神図」があるかもしれませんね。
風の神様と雷の神様が2曲1双の屏風に描かれているもので、
現在では国宝にもなっている、この風神雷神図を描いた
「最初の」画家が「俵屋宗達」です。
…ちなみに、上記に「最初の」とあえてつけたのは、この宗達の
「風神雷神図」は、後に「尾形光琳」「酒井抱一」によって
模写されているからです。

この琳派の代表的な画家の中から、今日は主に「尾形光琳」の
お話を中心にお伝えしたいと思います。


尾形光琳は、江戸時代の1600年代半ばに、京都で誕生した画家です。
この光琳には実の弟で「尾形乾山」という陶芸家がおり、
乾山が作った茶器に、光琳がデザインを施すといった具合に
兄弟揃って琳派の代表的な芸術家として知られています。

ところで、「光琳」といえば、きものの世界の中にも
この名前を冠した有名なものがあります。
「光琳梅・光琳波」などの文様です。
光琳梅は、梅の輪郭に花弁だけをあしらった、ごく単純化されたもので
光琳波は、特徴的な曲線で表された水面をさします。
そしてこの文様は、江戸時代に大流行をみて以降、
現在でも大変人気のある意匠の一つです。


この「画家・尾形光琳」なのですが、実はまんざらきものの世界と
無縁の人物ではないのです。
光琳・乾山の生家は、「雁金屋」という大きな呉服商だったのです。
光琳が誕生した頃などは、大層裕福な商家だったようで
そのおかげで光琳は幼い頃から能や茶道などの芸能に触れる機会が多く
それが画家としての根底にあったのかもしれません。

そして、光琳の個性的な作風は屏風や軸などの
絵画だけに留まらず、当時の裕福な女性たちの小袖にも描かれ、
それが人気を博し、徐々に富裕層以外の女性たちの
きものにも「デザイン」という形で浸透していったと言われています。

今もきものや帯の意匠としてだけでなく
アートやインテリアの世界でも人気の光琳デザイン。
当時の光琳自身が、何百年後の私たちにも同じように
愛着を抱かせるものになると画策していたかは別として、
その当時の光琳は画家としてだけでなく、現代でいう売れっ子の
「デザイナー」および「テキスタイル作家」であったのでしょうね。



宗流


和装小物 宗流
http://www.sou-ryu.jp
[PR]
by sou-ryu_mame | 2009-04-07 19:20 | 文様について

桜の花の満ちる頃のお別れ…


こんにちは。
しばらくぶりの投稿となりました。
約半月ほどご無沙汰しておりました間に、
京都もいつの間にか季節は冬から春に。
桜の花も満開を迎え、桜吹雪が舞う頃になりました。
みなさまのお住まいの地域はいかがでしょうか…?


3月下旬よりお休みしておりました「宗流まめ知識」。
せっかく少しずつみなさんにご覧頂けるようになったのですが
しばらく仕事が多忙を極めており、お休みいたしておりましたが
本日より再開いたします!
気分も新たに、どうぞ宜しくお願いします♪


さて、春といえば秋とともに、きものでお出かけするには
暑くも寒くもなく、ちょうど適した気温ではないかと思います。
また春は婚礼やご旅行など、きものの種類を問わず
きれいに着こなされた女性をよく目にする季節でもあります。

そしてそれと同時に、秋・冬に活躍してくれた「羽織」との
しばしのお別れの季節でもあります。
お住まいの地域の気候等で多少の違いがあるのでしょうが
一般的に羽織を着用する期間の目安として
「秋の紅葉が色づく頃から、桜が満開を迎える頃まで」
と、言われています。
(コートはもう少し時期が遅く~早くなります)
その時期以前、またそれ以降は羽織なしの
きものと帯の「帯つき姿」で過ごすのが一般的です。


ですが、実際にカレンダー上では春を迎えているとはいえ、
相手は自然です。なかなか思い通りにいかないのが現実です。
羽織の要らない暖かな日があれば、肌寒い日もあります。
そんな時に便利なのが、お洋服の時に使うストールです。


この頃はお洋服のポイントとしてストールを使う方も多く
お店にもとても多くのストールが並んでいます。
もちろん、きもの用のショール・ストールも多く販売されており、
デザイン的にも以前に比べるとお洒落なものがたくさんあります。
しかし、やはり少々お値段の張るものも多いようです。

それに対し、お洋服のショールはお手頃なものから高価なものまで
値段帯によって多くの商品が出回っているように感じます。
また、色や素材・デザイン的にも面白いものが多く、
選択の幅が広いように思います。
そして、もともとしわ加工が施されているものなどは
ちょっとバッグにしのばせておくと、肌寒い時に重宝な上、
たたみじわも気にならないスグレモノです。


逆に言えば、和装のショールに至っても
きもの用だけに限定してしまうのはもったいない気がします。
和装用のショールには、正絹を使ったものなど
上質な素材でできているものが多くあります。
ちょっとおめかししたお洋服でお出かけの際には
そんな上質な素材のものでアクセントを加えるのもお洒落です。

お洋服であってもきものであっても、
お洒落心にボーダーラインをひいてしまうのは、
少しもったいない気がします。
利用できることや、共有することで、
お洒落の幅は広がるのではないでしょうか。


とはいえ、これは余談なのですが…
この時期、お花見をお着物で、という方も多いかと思いますが
特に陽が落ちてからの夜桜見物や、花冷えの日は
慣習にとらわれ過ぎて、帯つき姿で震えながらのお花見では
せっかくの楽しい時間も台無しです。
そんな時はもちえろん
ぜひご無理なさらずに上に一枚羽織って下さいね…。


宗流


和装小物 宗流
http://www.sou-ryu.jp
[PR]
by sou-ryu_mame | 2009-04-06 18:26 | 「きもの」について

最新の記事

再び「衿」のお話
at 2011-02-02 22:30
半襟の日
at 2011-01-20 00:22
睦月の節句
at 2011-01-16 18:21
2010 正倉院展 その3
at 2010-11-20 18:23
2010 正倉院展 その2
at 2010-11-03 17:01

お気に入りブログ

。*゜ミルクブラウン色の...

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧