宗流がお届けする小さな豆知識。
by sou-ryu_mame
プロフィールを見る
画像一覧

今年もやってまいりました!


こんにちは。


前回、夏用のテンプレートを変更して一回しか投稿してないと
お話しさせていただきましたが、ホントに気づけば
夏も過ぎてすっかり秋…。
今回はとうとう一回のみしか使わなかった夏テンプレートも
秋用に衣替えです^^;


秋と言えば…食欲は年中なのでおいておいて、
ここ数年、すっかり恒例行事となった「きもの検定」の季節です!!
これをご覧頂いてらっしゃる方の中にも、
もしかしたらこの10/18に受験される方がいらっしゃるかもしれませんね。
宗流も今年、1級を受験します。

ところで…
先日、この検定のための講習用模擬問題が郵送されてきたのですが
あまりにレベルが高すぎて、かなりの衝撃を受けました。
ムツカシスギル…!!
実は宗流、しょっぱなの一問目から挫折気味です^^;
それがこれ↓


問1

衣更えの習慣は、公家の生活文化の中から生まれました。
室町時代には4/1に綿入れを袷に替え、5/5の端午の節句から(ア)を着用し
9/9の(イ)の節句から(ウ)を着用するという規範が定着しました。


みなさんおわかりでしょうか???
答えは…

ア:帷子  イ:重陽  ウ:綿入れ   です。

宗流、イしか解りませんでした。。。
これって、常識だったんでしょうか???
でも、帷子も綿入れも普段なかなか耳慣れない言葉です。
私も自分の仕事で、帷子なんてまず口走りません!
口走るとすれば、時代劇に出てくる忍者の「鎖帷子」くらいのものです。
それもたぶん、一生のうちに一度か二度程度出てくればいい所です。

ちなみに、帷子は裏をつけない麻のきものの事、
綿入れは表裏の生地の間に綿を入れた防寒着の事、だそう。
帷子は、江戸時代後期からは単衣と呼ぶようになったようで、
「室町時代」という所がポイントだったようですね。


ほかにも…
青の染料でおなじみの「藍」は、徳島県のものは「○○科」、
沖縄県のものは「○○科」か答えよ、という問題。

普通、藍といえば「蓼(タデ)科」なのですが、
もう一つはまるで聞いた事のないものでした。
答えは「キツネノマゴ科」だそうです…。
初めて聞きました。一瞬ふざけてるのかと思いましたね。

そんなこんなで、今回の1級はどこをどう勉強していいものやら
かなり困っています!
前回の2級までは、上級者レベルだったそうですが
今回は専門レベル。。。でも、私も呉服業界関係者とはいえ
初めて知る事だらけです^^;
しかも、今回は選択肢の勘も使えない記述問題ときています。
困りましたね~!!

実は明日、9/28に一日かけて受験用の講習があるのですが、
宗流もお仕事を休んで受講してきます。
あまりにも雲を掴むような状態のこの1級検定。
たぶん明日も「???」な内容になるとは思いますが
とりあえず頑張ってお勉強してきたいと思います。


あと半月強ですが、きもの検定を受験される方々、
一緒に頑張りましょう!!
(↑今回は無理モードが漂う宗流です)



宗流


和装小物 宗流
http://www.sou-ryu.jp
[PR]
by sou-ryu_mame | 2009-09-27 15:43 | 「きもの」について

最新の記事

再び「衿」のお話
at 2011-02-02 22:30
半襟の日
at 2011-01-20 00:22
睦月の節句
at 2011-01-16 18:21
2010 正倉院展 その3
at 2010-11-20 18:23
2010 正倉院展 その2
at 2010-11-03 17:01

お気に入りブログ

。*゜ミルクブラウン色の...

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧