宗流がお届けする小さな豆知識。
by sou-ryu_mame
プロフィールを見る
画像一覧

2010 正倉院展 その3

こんにちは。
今日は土曜日ですね♪
普段は会社員の宗流、一週間で一番気分がほっこりする一日です。
(↑お仕事の土曜日もたくさんありますが^^;)
みなさまはどんな週末をお過ごしでしょうか~?


さて。
しばらく投稿の期間があいちゃいました…。
前回の「2010 正倉院展」のお話の最終回がUPできていませんでしたので
知らないふりをして、こっそりとお送りいたします^^
前回までのお話はこちら→vol.1 vol.2
では、さっそくまいりましょう~!!



本日ご紹介いたしますのは、正倉院宝物の中でもよく知られる
特徴的な染色方法を施した宝物三点です。

まずはこちらから。


c0163413_18203520.jpg


一枚目は「夾纈羅中幡残欠(きょうけちらのちゅうばんざんけつ)」です。

「幡」というものは、寺院などで教団の標幟として用いられました。
右側の端に三角形の部分が見えるかと思いますが、これを幡頭(ばんとう)といい
その下につながる長い生地を幡身(ばんしん)といって、
そこに絵や文字が書かれていたそうです。

少し解りづらいのですが、この幡身にも大きな華文が描かれています。
そして、その染色技法はこの宝物の題目となっている「夾纈」です。
夾纈は「きょうけち」と読みます。なかなか聞き慣れない言葉ですが、
実はこの夾纈、現代の私たちも目にする機会のおおい染色技法なのです。
夾纈の文字を分解してみると、「夾」=はさむ 「纈」=しぼり と読み、
これはどちらも技法をあらわします。
もうお分かりでしょうか、これは現代でいう「板締め絞り」の原型です。
板締め絞りは、染色や染め抜きたい形に作られた木型で生地を強く挟んで固定し
染色を施す技法です。
手拭いや浴衣地、帯なんかにもこの幾何学的な模様は目にする事がありますね^^


c0163413_1821417.jpg


そして、二枚目は「鳥草夾纈屏風(とりくさきょうけちのびょうぶ)」です。

これは屏風の扇(せん)の部分です。
屏風は蝶番などで絵の描いてある面が数枚つながっており、その面が六枚あれば
六曲屏風とよばれます。またこの面のことを「扇」とよび、先の六面の屏風などは
六扇屏風とあらわします。
またこの六曲屏風を数える単位を「一畳(じょう)」とよび、正倉院の宝庫には
この六扇一畳の屏風が十数畳おさめられているそうです。
ちなみに、この六扇一畳の屏風を二帖併せて一具(ひとよろい)と数えるそう。
…古くからあるものの数え方ってややこしいですね^^;

この鳥草夾纈屏風も、夾纈が染色技法として使われており、
鳥はキンケイ、草花はタチアオイが描かれています。
キンケイという鳥は、よく正倉院の宝物に描かれる種類の一つです。
キンケイは金鶏とあらわすのですが、種類としては鶏ではなくキジの仲間です。
名前の通り金色に輝く羽毛でおおわれた美しい鳥なのですが、
孔雀やオシドリなどと同じく、艶やかな姿形は雄だけで雌は非常に地味な鳥です。
…何だか、女性の方がお洒落好きな人間とは真逆ですね~。

少しお話が逸れてしまいましたが、この夾纈は奈良時代に盛んに用いられた技法なのですが
その後は急激に廃れてしまいます。
しかし、古くから行われていた技法とはいえ、その技術は大変高度なものといわれています。
先の幡のお話でも少し触れましたが、夾纈は板で生地を挟んで防染するというもので
同じ型で染め上がった生地には、当然のことながら同じ文様が染められます。
現在では同じ模様を量産することは何でもない事ですが、
夾纈が使われる以前など、織以外の染色で同じものを量産する事は大変困難だったでしょうね。
そんな中でこの夾纈の技法は当時はきっと画期的な技法だったのでは?
そんな風に宗流は思います。


c0163413_18213082.jpg


三枚目は「白橡綾錦几褥(しろつるばみにしきのきじょく)」です。

几褥とは、仏前に供物などをささげる際に机の上に敷く敷物をいいます。
簡単にいえば、現在のテーブルクロスのようなものでしょうか^^
また白橡は古代の色の名前です。これはクヌギなどのどんぐりがなる樹木の樹皮や実を使い
染められたものをさすのですが…宗流、この白橡ってイマイチよくわかりません。
色としてはやや赤みのある薄い鈍色系統の色なのですが、
これという表現がなかなか思いつきません。ゴメンナサイ
ちなみに、一般的によく聞くどんぐりや樹皮で染めた橡色は、赤みのある深い鈍色です。

この几褥をよくご覧頂くと、どことなく南国風の雰囲気を感じて頂けるかと思います。
(スミマセン!とても見にくいかと思います。ゴメンナサイ)
文様は中央に実を付けたナツメヤシを配し、その樹下に二頭のライオン、
またその脇には鞭を持った男性があらわされています。
画像を取り込んだ正倉院の図録には、中国からの舶載品か国産のものか不明とあったのですが
文様のもつ雰囲気としては、遠くはローマや東西アジアなどの各国の影響を
受けたものである事がうかがえます。

このライオン(獅子)をモチーフにした文様は、正倉院の宝物にも多く見られ、
樹木と共に描かれたものや、人物を配したものなど多様です。
これはサテン朝ペルシャから渡来したものと言われているのですが、
獅子をモチーフにしたものでもう一つよく聞くものに「唐獅子」があります。
ペルシャ渡来の獅子は実在のライオンをモチーフにしたものが多いのですが、
唐獅子は名前からも解るように中国のもので、空想上の生き物です。
同じ「獅子」をモチーフにしたものでも、微妙に違いのあるところが面白いものですね^^




では、ここ最近ようやく恒例となった(?)クイズコーナーです^^
きもの検定の三級~を受験される方などにご覧頂けると嬉しいのですが、
そうではない方もどうぞお気楽に挑戦なさってみて下さいね♪



1:奈良・天平時代、特に盛んだった染色技法三つを総称して、
 「天平の三纈」とよんだそうです。
 この三纈の一つは夾纈なのですが、さてあとの二つは何でしょうか?


2:正倉院文様の中には、動物をモチーフにしたものが多く見られ、
 獅子をモチーフに用いたものも多数あります。中でも馬上の騎士が獅子を射ようと
 する様を描いた( ① )や、口を開いた獅子の顔を並べた( ② )などがあります。


3:唐獅子は中国の空想上の動物をあらわしたものですが、単体で描かれるだけでなく
 花や樹木、自然の風物などとも併せて描かれます。中でも能の「石橋」では、
 文殊菩薩の使いの獅子が、咲き乱れるある花の中を舞い踊るという場面があります。
 この花と獅子を併して描かれる文様を何というでしょうか?



それでは答えです~!
※あくまでも宗流の解釈なので、単なる参考程度でとどめておいて下さいね^^


1:天平の三纈…夾纈(きょうけち)・纐纈(こうけち)・﨟纈(ろうけち)の三つをいい、
夾纈は板締め絞り、纐纈は絞り染め、﨟纈はロウケツ染めをさしています。
どれも名称・呼称は変わりますが、現代にも見られる技法ですよね^^


2:①獅子狩文 ②獅噛文(しがみもん)といいます。
龍村美術織物さんの生地なんかでもよく目にする事がありますね。
ちなみに、宗流は獅噛文と記憶していたのですが、「獅子噛文」と、表記されて
いる場合もあるようです。


3:唐獅子牡丹
獅子はよく百獣の王とされますが、牡丹も「百花の王」とよばれます。
もちろん無数にあるものの中で、それぞれに美しさを持つ花ですから、
どれを一番とするかは難しいでしょうけどね^^;



宗流
[PR]
by sou-ryu_mame | 2010-11-20 18:23 | お出かけ

2010 正倉院展 その2


こんにちは。
祝日も終わりに近づいてしまいましたね~^^;
でも、普段は仕事で日中お家にいない宗流、
平日の午後をお家でまったりと過ごせるのは至福の時。
今日はのどかな時間が流れています♪


さて。
本日二度目の「宗流まめ知識」
今回は日曜日に出かけた正倉院展からのお話です。
前回に引き続き、どうぞよろしくお付き合い下さいね^^



それでは、今回はこちらから。
画像を二枚続けてご覧頂きます。


c0163413_16591586.jpg


c0163413_16594683.jpg



一枚目は「曝布彩絵半臂(ばくふさいえのはんぴ)」
二枚目は「橡地臈纈絁袍(つるばみじろうけちあしぎぬのほう)」です。


どちらも衣服のかたちとなった染織品ですね。
まず一枚目の「曝布彩絵半臂」から見てまいりましょう。
この曝布とは、白く晒した麻布の事をさします。また半臂とは、
袖なしや短い袖がつき、裾にスカート状の欄(らん)よばれるものがついた、
装束風の上着をさします。(この画像には欄は見られません)
この半臂は各パーツを同素材のもので仕立てられておらず、身頃の部分には白く晒した麻布、
衿や衽、袖の濃い色の部分は浮紋錦、腰紐には綾織、裏地には絁が使われた
袷仕立ての半臂となっています。
そして、身頃の部分をよく見て頂けると見てとれるのですが
鳥の模様が見られると思います。これはインコやキンケイといった鳥なのですが、
正倉院文様にはインコや鳳凰など、実在・空想のものにかかわらず
鳥の文様のものはたくさんみられます。
前回の含綬鳥もそうですね^^
今現在では褐色に退色していますが、もとは顔料で赤や緑などの極彩色を施した
美しい半臂だったそうです。


次に「橡地臈纈絁袍」です。
こちらは袍とよばれる丈の長い衣服で、宮中の公事の際に男性が用いた衣服です。
今でも神職の神主さんなどが大切な神事などで着用している衣服が袍です。
そちらをご覧になった経験がおありの方は多いかもしれませんね^^
また、源氏物語などの平安時代の貴族をモチーフにした映像や絵をご覧になられた際、
宮中の男性がゆったりと衣服を身につけているのを目にする事があります。

それは直衣(のうし)の場合もあるのですが、特に位の高い人物などが身につけている
衣服は、袍とよばれるものでした。
これは奈良時代頃より、中国文化の影響を受けて発達した衣服で、
日本でも着用されていたのですが、藤原時代に入って遣唐使が廃止され
日本の国風文化が発展した際には、当時の貴族の風雅な生活様式に合わせて
アクティブさを必要とされない、ゆったりとした袍が生まれました。
藤原時代になると、袍の袖も広袖のゆったりとしたものになったという事ですので
こうした筒袖状のものには、袍の原型の形跡が見られるのかもしれませんね^^

この橡地臈纈絁袍は、表裏を別々の絁で合わせた袷仕立てで、
生地の間には綿が入っています。
また表地は臈纈:ロウケチ(ロウケツ染め)で襷文様が染め抜かれています。


さてさて。
まずこの二点をご覧頂きまして、次は衣服としてのお話に移りましょうか。

この一点目の「曝布彩絵半臂」ですが、名前こそ半臂というなじみ浅いものですが
形をよくご覧頂くと、今現在私たちが着用する「きもの」ととてもよく似ています。
衿の合わせや衽があり、衿の合わせ方は今と同じ右前になっています。
(これは養老三年(西暦719年)に発令された衣服令により
衿を左前に合わせていたものを、右前に合わせる右衽着装法と改めました)

また二点目の「橡地臈纈絁袍」は、きものの前合わせとは違う衿の形をしており、
高さの低い詰襟状という感じです。これを盤領(あげくび)といい、
半臂のような衿の形を垂領(たりくび)とよんで区別しています。


いま私たちが着用しているきものは、近い時代では小袖を原点にしたものと
いわれていますが、きものの形としてはこの奈良時代にある程度が完成された
のかもしれませんね。


…今日はもう少しご紹介したいと思っていたのですが、
気がつけばこれまた長いお話になってしまいました^^;
残りはまた次回でご紹介してまいります!



では、前回から始まったクイズコーナー(?)です^^
きもの検定の三級~を受験される方などにご覧頂けると嬉しいのですが、
そうではない方もどうぞお気楽に挑戦なさってみて下さいね♪




1:曝布(ばくふ)とは白く晒した麻布をさしますが、糸の段階で漂白しない麻糸を
何というでしょうか?



2:現在私たちが着用するきものの衿合わせは右前(右の衿を先(下)にあわせる)
  ですが、719年に発令された衣服令以前には左前に合わせていました。
  その着装方法は何とよばれていたでしょうか?



3:唐(中国)の文化や情報を日本に伝える目的で派遣された遣唐使ですが
894年に平安時代の貴族(学者であり政治家)である人物の建議によって遣唐使は
  廃止されます。その人物は誰でしょうか?



4:綿入れとは冬季の防寒用の衣服で、表布と裏地の間に綿を入れて仕立てたものを
  いいます。これらには現在も幾つか種類がありますが、それらはどんなものでしょうか?




それでは答えです~!
※あくまでも宗流の解釈なので、単なる参考程度でとどめておいて下さいね^^ 


1:生平(きびら)
  滋賀県彦根市、高宮町の特産品だそうです^^
  (↑他にもあるのではないかと思いますが、滋賀県しか解りません。ゴメンナサイ!)


2:左衽着装法(さじんちゃくそうほう)
  洋服は男性・女性で違う場合もありますが、きものは男女とも現在は右前です。
  左前に着装するのは死者の装束に用いられますね。


3:菅原道真(すがわらのみちざね)
  学問の神様としても有名ですよね^^


4:丹前(たんぜん)・半纏(はんてん)・どてら・ねんねこ・ちゃんちゃんこ、
  などだそうです…とはいえ、宗流はどてら、ねんねこがいま一つよく解りません^^;
どてらって、丹前と同じものなのかしら???



宗流
[PR]
by sou-ryu_mame | 2010-11-03 17:01 | お出かけ

2010 正倉院展 その1


こんにちは♪
本日は祝日、お仕事もお休みです^^v
今日は「文化の日」ですね。宗流は今日は何も文化的なイベントは
予定しておりませんが、みなさまはどこかお出かけされるのかしら^^
今日も素敵な一日となりますように~!


さて。
今日は「文化の日」という事で、ちょっとした文化の香り(?)漂うお話です^^;
先日の日曜日、宗流は奈良県で開催されている「正倉院展」に行ってきました。
本日はその際に購入した出展目録から幾つかの展示物をご紹介しつつ、
当時の染織品などのお話を中心にお伝えさせて頂きたいと思います。
どうぞよろしくお付き合い下さいね^^


さっそく、まずはこちらから。

c0163413_1231183.jpg



こちらは今回の正倉院展の図録の表紙です。
この表紙は「螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)です。
今回の出展品の目玉でした。
昨年も見事な螺鈿の琵琶が出展されていましたが、今年のものも
とても美しい細工が施されていました^^

螺鈿は貝殻を切り取ったものを研磨し、漆地などに嵌め込んで
さらに磨きをかけて作られる工芸品です。
この螺鈿は箱ものや家具の工芸品によく見られますが、
帯や着物の装飾としても使われる事がありますね。

お話を琵琶に戻し、次は施された文様についてみてまいりましょう。
ちょっと見えづらいのですが、この琵琶は向って左上のものが面の表で
右下のものが面の裏となります。
面の表にはらくだに乗って琵琶を奏でる人物と唐花文が、
そして画像では判別しにくいのですが、槽には唐花文と含綬鳥(がんじゅちょう)、
雲があらわされています。

唐花文、含綬鳥、雲ともこの奈良時代の文様には多く見られる文様です。
含綬鳥とは、花の枝をくわえた花食鳥とともによく見られるもので、
綬帯(じゅたい)とよばれる紐状の装飾品をくわえてた鳥の事です。
また雲も多くの宝物にあらわされていますが、雲については改めて下の画像で
お伝えさせて頂きますね。




次は生地を二点。


c0163413_1232414.jpg


c0163413_12325536.jpg




上の青い生地は「浅縹布(あさはなだのぬの)」
下の茶色の生地は「遠江国調黄絁(とうとうみのちょうきのあしぎぬ)」です。


まずは「浅縹布」ですが、こちらは「縹」という色が指し示すように
藍によって縹色に染めた生地に、白の絵具で雲の文様が描かれています。
今現在、藍染めといえば藍甕に生地を浸して染め上げられるものを連想させますが
この生地の染めには、藍による引き染めが施されているそうです。
これは正倉院の宝庫に収められた染織品の中でも、とても珍しいものだそう。
そしてその生地に後から雲の文様を描いています。
この雲の文様は奈良時代に盛んに描かれた柄で、霊茸雲(れいしぐも)・天平雲とよばれ
中国では古くから吉祥の文様といわれています。
一見すると、孫悟空の乗り物の筋斗雲のかたちと似ていますね^^
またきものをお召しになられる方には、有職文様の雲気文様はおなじみかもしれません。

次に「遠江国調黄絁」ですが、この絁という言葉はきものの事を学ばれている方には
美濃絁や常陸絁といったもので耳慣れていらっしゃるかもしれませんね。
日本古来の絁は太い絹糸で織られた紬の原型のようなものとされているようですが、
実際に現存する絁には、平絹物と遜色ないほどの細い糸で織られたものもあるそうです。
そしてこの生地の名前にある「黄絁」、現品は茶褐色を帯びていますが、
染料の調査が行われた結果、現在も黄八丈などに使用される黄色の染料、
刈安が使われていたそうです。

どちらの生地も、千年以上の時を経てなお原型をとどめているなんてすごい事です。
宗流、ごく最近しばらく手入れを怠っていたモスの腰紐を虫食いにやられてしまい、
保存の大切さを身をもって体験しただけに、感心ひとしおです^^;

ちなみに、学校の歴史の授業で「租庸調」という言葉を習った憶えがありませんか?
宗流は今回のお出かけまで、すっかり忘れていましたが、
この展覧会に赴いてようやく思い出しました。
祖=年貢米 庸=徴用 調=献布 の租税制度を併せて租庸調とあらわしますが、
この上の二点の生地は「調」にあたる調布だったといわれています。

ですから、上の「遠江国調黄絁」をわかりやすくあらわすと、
税の一つ、調として遠江国(現在の静岡県の大井川の西部)から都へ献上された
黄色の絹織物(絁)というわけです。



…たった三点ご紹介しただけでも結構長くなっちゃいましたね^^;
まだご紹介したいものが幾つかありますので、この続きはまた次回へ。

そして、今回からお話をさせて頂いた内容から次回のきもの検定まで
ちょっとした練習問題をUPさせて頂こうと思います!
…今回またもや敗戦の色濃い宗流、次回三回目こそはと
ようやくエンジンがかかりました。これが今回から思い立っていたら、
少しは結果が違ったかしら…と、くよくよしていますが、
もしこれから三級、二級、一級(←これはちと微妙)を受験される方が
いらっしゃれば僅かながら参考になるといいな、そう思います^^



1:天平時代を中心に日本に渡来した聖武天皇・光明皇后ゆかりの宝物が
おさめられている倉庫を何というでしょう。またそれらの宝物の染色・工芸品にあらわされている
この時代の文様を総称して何とよばれているでしょうか?



2:天平時代の宝物が中央アジアを経て日本へと渡来する際に通ったとされる
古代の東西交通路を何というでしょうか?



3:実際には存在しない植物ですが、唐花文の中でも華麗な様相を持った
花をあしらった文様を何というでしょうか?



4:黄色の色素を抽出する染料として古くから使われているものの一つに刈安がありますが、
その他に黄色の色素を染めるための染料は何でしょうか?




ちょっと簡単すぎましたかね(汗)
もっとお勉強しなくちゃいけませんね。。
それでは答えです~! 
あくまでも宗流の解釈なので、単なる参考でしかないのですが^^;


1:正倉院 (奈良県の東大寺大仏殿の北西に位置する校倉造りの倉庫です)
  正倉院文様


2:シルクロード(絹の道ともよばれています)


3:宝想華(既定の形はないそうですが、空想上の花といわれています)


4:たくさんありますが、その一部としてのご紹介です。
  ウコン・紅花・くちなし・コブナグサ・キハダ・ツルバミ…などなど。
  珍しいところでは、お花のマリーゴールドからも色素がとれるそうです。





宗流
[PR]
by sou-ryu_mame | 2010-11-03 12:33 | お出かけ

最新の記事

再び「衿」のお話
at 2011-02-02 22:30
半襟の日
at 2011-01-20 00:22
睦月の節句
at 2011-01-16 18:21
2010 正倉院展 その3
at 2010-11-20 18:23
2010 正倉院展 その2
at 2010-11-03 17:01

お気に入りブログ

。*゜ミルクブラウン色の...

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧