宗流がお届けする小さな豆知識。
by sou-ryu_mame
プロフィールを見る
画像一覧

シルク生地と考えれば…

こんにちは。
京都はいよいよ秋も佳境に入ってきました。

気候のいいこの季節、ますますお着物でのお出かけが似合うように、
休日の京都の街中には、年齢に関係なく
和服姿の女性が多く見受けられます。
京都の街は、寺院などの観光地だけでなく
市内の街中にも和服が映えるのが不思議。
みなさんとても素敵にそぞろ歩きを楽しんでいらっしゃいます。


さて、本日は帯揚げのお話です。
帯揚げとはご存知のように、帯のお太鼓の形を保つのに
帯枕にかけて使用するものです。

この帯揚げ、着物が着物として定着したころから
当然使われていたものと思われるかもしれませんが、
本格的に現在の形になったのは明治の終りで
それ以前は帯揚げの「みみ」はなく、手近な布を使うか、
もしくは帯枕を使用しない半幅帯、結び方も角出しのような
ものだったと言われています。

帯締めとともに使われ始めるようになったのは
江戸時代後期、亀戸天神の橋が架かった頃。
その模様を見物した遊女たちが、橋の形を模して
帯をお太鼓に結び始めたからだと言われています。

そんな歴史をもつ帯揚げ。
友禅や絞り、刺繍など現在では加工も素材も様々なものが使用され
お洒落の幅も昔に比べたらかなり広くなっているのではないでしょうか。


ですが、そんな着物のためのお洒落用小物も、少し視点を変えて
日常のお洋服にも利用してみませんか?
大抵の帯揚げは幅約30cm・長さ約170cmほどあり、
素材も化繊から正絹までたくさん揃っています。
大きさからいえば、シルクの長いショールやスカーフとして
首周りを飾るのに適度なものではないでしょうか?


印象的な柄行きの帯揚げでも、帯枕にかけて帯の下に隠れてしまうのは
とてももったいない事です。もちろん使い方がそうなので仕方ないのですが
せっかくのきれいな柄、たまには表でアピールしてみるのもいいかもしれません。

また逆に考えると、珍しい素材の生地を見つけたらそれを帯揚げに使うのも
面白いかもしれません。
お茶席や披露宴など、着装方法に制約がある場合を除いては
ご自身のセンスやお好みでもっとお着物を愉しむことは
何も悪いことではなく、和装関係の人間からみれば
さらにお着物に対しての「好き」が深まる事でもあり
大歓迎したいことに思えます。




和装小物  宗流 
(↑クリックして頂くとHPへ http://www.sou-ryu.jp)

c0163413_10143731.jpg
 
[PR]
# by sou-ryu_mame | 2008-10-30 10:20 | 帯揚げについて

お出かけの際に

こんにちは。

十月に入って、途端に秋の濃度が濃くなった気がします。
最近は表を歩いていると、ふと金木犀の香りを感じます。
もうすっかり「秋」ですね…。


さて、秋といえばスポーツや読書、食欲など楽しみの多い季節です。
あと心待ちにされている方も多くいらっしゃるかもしれませんが
「旅行」にも最適な季節です。

私は京都生まれの京都育ちで、なかなか本格的に
京都を旅する機会に恵まれていないのですが、
他県の方にお話を伺うと、秋の京都がお好きな方は
多くいらしゃるようで、京都の人間としては嬉しく思います。

今回はそんな旅行の際の「衿」についてのお話です。


お着物での旅行や、急な出張などにお出かけの際、
みなさまは半衿ってどうなさってますか?
一泊の場合ですと、季節によっては襟も汚れず
翌日も替える必要がない場合もあるかもしれません。
でも、連泊となるとなかなかそうもいきません。

以前、何かの雑誌で読んだのか記憶は定かではないのですが、
「なるほど」と思ったお話をご紹介させて頂きます。

みなさまは「仕立て衿」ってお使いになられてますか?
予め衿の形に仕立てられており、薄い衿芯の入ったものなのですが。

普段からお着物を着なれ、衿替えも難なくこなされるお方は
あまりご使用なさらないかもしれませんが、お裁縫が苦手だったり、
時間があまりないお方には、大変便利なものなのです。

この「仕立て衿」、使い方によっては先の旅行の際などに
とても役立つアイテムになります。
まず何かと時間に制約のある旅先などでは、ゆっくりとお針を使うのも
難しい場合があります。そんな時、すでに衿のかかった状態の仕立て衿ですと、
お襦袢の襟に数か所縫い止めるだけで、簡単にお使い頂けます。

また、ご宿泊が続かれる際に、色柄の違うお着物を何枚も持ち歩くのは大変ですが、
衿元や小物で雰囲気を変えることはそれほど困難ではありません。
そして、手間に関しても一工夫。
お出かけ前に友禅や無地の仕立て衿の上に、
お手持ちの半衿をかけて縫いつけて頂き、汚れたら上の部分の半衿を取って頂くと
下の仕立て衿をかける手間が省けますよ。
※下の仕立て衿も上にかける半衿も、あまり厚みのないものがお勧めです。


これから、紅葉にお着物の映える季節です。
今年は和服でお出かけしてみませんか?


http://www.sou-ryu.jp   和装小物 【宗流】


c0163413_17255344.jpg
 
[PR]
# by sou-ryu_mame | 2008-10-06 17:27 | 半衿について

はじめまして、宗流です

はじめまして、宗流です。
このブログは、本日10/1に開設しました、「宗流HP」の豆知識のコーナーとしてOPENしました。
私自身、豆知識というほど知識を持ち合わせていないのですが…読んで頂ける方に少しでもお役に立てれば、と思います。

さて、記念すべき(?)第一回目は、宗流のお得意アイテムの半衿からスタートです。

皆さんのお付けになっていらっしゃる半衿って、やはり白の半衿が多いのでしょうか?
清潔感もありますし、汚れも一目瞭然ですので、白衿をご愛用の方も多いと思います。

白衿は先に書きましたが、凛とした清潔感が一番の信条です。ですが同じ白衿でも、素材や染めによって実は白も微妙に違いがあります。

ちょっとクリームがかったもの、純白のもの、ピンクや青がかったものなど、お手持ちの半衿を並べて見ると違いがあるかもしれません。
半衿はお襦袢のかけ衿の汚れを防ぐものですが、お着物とお顔色に最も近い存在でもあります。このお顔色に最も近いという点が、逆に言うとお顔の色を良く見せたり、悪く見せたりもするのです。

健康的な小麦色の肌の方や、透き通るような色白の方、ほんのりとピンクがかった肌の方、女性の肌の色は様々です。例えば、健康的な肌の色には純白のものより、ほんの少しクリームがかかった白の方が衿元が浮かない気もします。(あくまでも私の主観的な意見ですが)

白色の半衿は万能ではありますが、ちょっとした差でさらに襟元が美しくなればと思います。


ちなみに、画像は本日のコーディネイトです♪
今日から10月、京都はまだ紅葉には少し早いようです。
木々の葉も、まだこのセットのような色合いです。
c0163413_14414446.jpg


http://www.sou-ryu.jp 宗流
[PR]
# by sou-ryu_mame | 2008-10-01 14:42

最新の記事

再び「衿」のお話
at 2011-02-02 22:30
半襟の日
at 2011-01-20 00:22
睦月の節句
at 2011-01-16 18:21
2010 正倉院展 その3
at 2010-11-20 18:23
2010 正倉院展 その2
at 2010-11-03 17:01

お気に入りブログ

。*゜ミルクブラウン色の...

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧